2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« ゆがんだ城(01) | トップページ | ゆがんだ城(03) »

ゆがんだ城(02)

 大きな扉は、すでに客を迎え入れるために開かれていた。しかし、城の中は暗く、扉が閉まると重たい闇となった。
 間をおかず、ゼラルドが術を使って、空中に光球を浮かべた。投げかけられる柔らかな光の中に、幅の広い短い下り階段と、その先の大広間が浮かび上がる。大広間は空っぽのようだが、何か音がしている・・・足音だ。広間をひたひたと歩き回る、無数の足音。
 セレンはぞっとして、思わず、ゼラルドにつかまろうと手を伸ばしてしまった――もちろん、触れる前に踏みとどまって手をひっこめたけれども。目を凝らすと、大広間にはたくさんの気配が満ちているが、気配のぬしの姿は一向に見えない。ひたひた、ひたひた・・・。
 ゼラルドは、先に立って階段を下り、広間の端のほうを歩きだす。急いでセレンが後を追う。ゼラルドが手でふわりと円を描くようにすると、空中の光球は下りて来てゼラルドの手の上に乗り、二人の周りに白い光の輪を投げかけた。周りでは、眠りを妨げられた者たちの足音が続いていたが、その足音は明るい輪の中には入って来られないのだった。
 やがて、壁際に小さなドアが見つかった。ゼラルドが慎重に押すと簡単に開いて、外には狭い上り階段が続いており、壁にともっているろうそくが、足元を暗く照らしている。
 二人はドアの外に滑り出ると、用心しながら階段を上った。ゆらゆらと壁際の灯が揺れる。淀んだ重たい空気の中で、白い光球だけが、清く明るく輝いている。
 階段を上りきると、真っ暗な廊下があった。廊下を渡りきると、また階段があった。階段、廊下、階段、廊下、階段・・・。二人は無言でその繰り返しを歩いたが、奇妙な造りだったし、何かが狂っていた。廊下も階段も傾いていて、歩いても歩いても大して進んでいない気がしたし、ずいぶん長いこと歩いているのに、部屋のひとつにも行きあたらない。それでも確かに前進していることの証に、あたりの空気はねっとり不吉に淀んで来ている。
 何度目かの廊下の途中で、ゼラルドはちらりとセレンを振り返り、セレンの視線が、ぼんやりと定まらなくなっているのを見てとった。ここに満ち満ちている悪意と狂気がいけないのだ、とゼラルドは考える。心弱い者なら、とうに叫びだしているだろう。そうでない者の思考は麻痺させられる。それでも今は、進むしかない。
 ゼラルドの手の上の光球は、彼が一歩進むごとに、ぴりぴりと光を乱すようになっていた。城の狂気はどんどん強まっており、怨霊たちの声なき声が、唸り、渦巻いているのを感じる。その暗澹たる沈黙の中――
 ――突然、階段の途中で、パリンと音を立てて光球が割れた。かけらは飛び散って、不思議なゆらめきを残して消えた。ゼラルドは少しの間立ち止まって自分の手を見つめたが、表情を変えることなく、すぐにまた階段を上り始めた。そして、その階段の終わりに。
 ろうそくに囲まれた細い長い廊下がまっすぐに続き、つきあたりに、ひとつの扉が見えた。漂う凄まじい妖気・・・しかし、あの扉を開けて、何であれ中にあるものと対峙しなければならない。
 旅人たちの目の前で、扉は自然に開いた。音もなく、内側に。旅人たちは、中に入った。 

人気ブログランキングへ

« ゆがんだ城(01) | トップページ | ゆがんだ城(03) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/50280695

この記事へのトラックバック一覧です: ゆがんだ城(02):

« ゆがんだ城(01) | トップページ | ゆがんだ城(03) »