2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ひとこと通信欄

  • (2017/4/23夜) お話もだけど、読みやすさとか、投稿サイトの使い方とか、いろいろ考え中。でも、ブログでの公開は、なくさないからね。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« ゆがんだ城(02) | トップページ | ゆがんだ城(04) »

ゆがんだ城(03)

 その部屋は、胸苦しいようなどろりとした空気に満ちていた。
 そして、その女はそこに立っていた。
「なんてうれしいこと! あたしに二人も客が来た」
 若くきれいな女の外見だったが、その身には何百年という長い年月を経た空気がまとわりついていた。古風に結いあげられた黒い髪には、糸に通した宝石が飾られているが、髪も宝石も、どこかくすんだ色をしている。曇りないものはただ、額に輝く血の色の宝石だけだった。
「なんてきれいなお客人だろう! 庭を通り抜けられたようで良かったわ、花たちにやってしまうのは惜しいもの。若くて美しい客人ほど、あたしの命を永らえてくれるものはないの」
 紅い唇から、どこかなまめかしい声がすべり出る。女はにっと笑った。
「そうそう、さっき下から太陽神の力が伝わって来たけど、ここらでは使えないわ。この城に太陽神の力は届かないのよ。特にこの部屋にはなんにもね」
 ゼラルドは軽く肩をすくめた。セレンはぼんやりと目の前のやりとりを眺めている。
 ゼラルドは口を開いて、
「おまえは何者だ? おまえの名を」
 女はおかしそうに笑った。
「自己紹介しろって? ふふん、どうせ知りたいのはあたしの称号よね? まあいいわ、あたしはウェラ。称号込みだとウェラ・ルイーラ。あいにくだったわね。でも、どっちにしたって、あんたは太陽神の使徒だから、この城のこの部屋では戦えやしなかったのよ」
「ルイーラ、ね」
 ゼラルドはつぶやいた。ルイーラという称号は、月の力を使う者の中で、ひときわ高い能力を持つ者に与えられるものだった。
「ならば、ウェラ・ルイーラ。おまえはぼく達をどうするつもりなのだ?」
「さあねえ」
 女は無造作に長椅子に腰かけ、客たちにも椅子をすすめた。
「しばらく話をする気はあるわよ。あんたたちを殺すのはそのあと・・・あら、しゃべっちゃった」
 女はまたにいっと笑った。ゼラルドは聞こえないふりをした。すすめられた椅子にかけながら、
「では聞かせてほしい。この城はどこの国のものなのだ? 見たところ、かなり古い城のようだ」
「この城?・・・そうねえ」
 女は何か考えるようなそぶりをした。
「そう・・・この城は、神の城だったのよ。話してあげる」
 パチンと指を鳴らす。と、グラスが三つ、紅い液体をたたえて飛んで来た。
「お飲みなさいよ」
 女はそう言い、ゼラルドがグラスに口をつけるのを見ていた。
「血の味がする」
 ゼラルドがつぶやくように言うのを聞いて、満足そうに、
「そうよ、人間の血を薄めたの」
と、自分のグラスに口をつける。ゼラルドは笑って、
「おまえのグラスはそうかもしれないが、ぼくのはキルケの果汁だ。そしてこちらは」
 セレンの前から、ひょいとグラスを持ち上げる。
「毒入りの葡萄酒」
「・・・よくわかったわね」
 女は意外そうだった。グラスはみな全く同じ色をしていた。女は、連れの若者を殺してもこの黒髪の若者の冷静さが崩れないものなのか、試してみるつもりだったのだ。
 当のセレンは何を感じたようでもなく、ぼんやりとしているが、
「ほら、今度は普通の葡萄酒。あなたもお飲みなさい」
 新しく来たグラスを見、ゼラルドが何も言わないのを確認して口をつけたところをみると、一応、鈍いながら意識はあるらしい。

 

人気ブログランキングへ

« ゆがんだ城(02) | トップページ | ゆがんだ城(04) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/50301608

この記事へのトラックバック一覧です: ゆがんだ城(03):

« ゆがんだ城(02) | トップページ | ゆがんだ城(04) »