2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ひとこと通信欄

  • (2017/4/23夜) お話もだけど、読みやすさとか、投稿サイトの使い方とか、いろいろ考え中。でも、ブログでの公開は、なくさないからね。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« ゆがんだ城(03) | トップページ | ゆがんだ城(05) »

ゆがんだ城(04)

「さてと」
 女は話し始めた。
「この城の話だったわね。さっきも言ったように、この城は神の城だったの。月の女神ルーラが地上に持つ城のひとつだったのよ。ところが・・・<不幸な娘>の伝説は知っているかしら? ルーラの娘のうちの一人なのに、どこへ行っても禍々しい不幸をもたらして<不幸な娘>と呼ばれたあの娘が、ある日、この城へもやって来た。折悪しく、城のあるじは不在。それでもあるじの娘だから、と招き入れられた<不幸な娘>は、知らぬうちに<不幸>を撒き散らした。あるじが帰って来たときには、もう城も庭園も、救いようのない禍々しさに汚染されたあとだった」
 女はグラスの液体を少し飲んだ。セレンはぼんやりと女を見、ゼラルドを見、我知らず見とれた。つややかな黒髪、冷たい輝きの黒い瞳、そして不思議な妖しい雰囲気――その美しい横顔は、なんとよくこの場に似合って見えることだろう。
 ゼラルドは黙って話の続きを待った。女はしばらく品定めをするように二人の若者を眺めていたが、やがてまた話し始めた。
「<不幸>の汚染は、放っておけば、この城から世界へと広がっていく類のものだった。だからルーラはこの城を時空間から切り離したの。そうして、この城は見捨てられた。城の住人はみんな逃げたはずだった・・・けど、一人だけ、逃げ遅れた者がいたのよ。それが、このあたし、ウェラ・ルイーラというわけ」
 女の目に異様な光が宿り、しかしそれはすぐに消えた。
「この城はルーラの時空間から切り離されているから、あたしは年を取らないの。いいでしょう? でもね、ゆっくりゆっくり、おなかはすくのよ。そうして、ちょうどあたしがおなかをすかせる頃にね・・・迷いこんで来る人間がいるの」
 女は低く、くつくつと笑った。ゼラルドに向かって、
「あんたはどう思う? 人を食べるのは罪だと思う? この間食べた人が、そんなことを言っていたわ。だけど、生きるためだもの、仕方ないじゃない? それにあたしは月の女神の侍女だったのよ。そして今は不老不死。より女神に近い存在よ。自分より下等な生き物を食べるのは、自然のことわりよね。人間なんて、あっというまに死んでしまって、何もできやしない、ちっぽけな、ちっぽけな生き物。今のあたしには、それがわかるの」
「長い年月によどんだ空気はすべてをゆがませる」
と、ゼラルドは言った。落ち着いた静かな声だった。
「人は確かに小さいかもしれない、けれど、生きられるわずかな時間の中で、精一杯のことをして生きている。たったひとつの生の中で、人を愛し、憎み、神をあがめ、呪いながら。その人間の命の尊厳を忘れ果てているならば、おまえの言うことは歪んで間違っている」
「ゆがんでいる? そうね、だって、神がこの場所の時間と空間を捻じ曲げてしまったんだもの。でも、人なんてものはね、自分のことしか考えないし、お互いに首をしめあって生きるものよ。あたしが食べてあげるのは、一番有効な命の使い方だわ」
「私はそうは思わない」
 ゼラルドの口調はいつしか変わっていた。昔、白い宮殿で暮らしていた頃と同じ、高貴な者の口調。
「人はまだ、人を愛することも、信ずることもできる。彼らは愚かな種であるかもしれないが、神と共存していることができる。彼らの一生は短いが、子に託すことができる。子はまたその子に夢を伝える。人は、その小ささにもかかわらず、時々驚くべきことを成し遂げてきたではないか」
「――あんたは誰? そして、なぜそうやって人間の肩を持つ?」
 女の目に、初めてちらりと疑惑の色がよぎった。ゼラルドは冷笑して、
「誰であろうと関係はあるまい。私が人を弁護する理由は、私もまた人であるからだ」

 

人気ブログランキングへ

« ゆがんだ城(03) | トップページ | ゆがんだ城(05) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/50302287

この記事へのトラックバック一覧です: ゆがんだ城(04):

« ゆがんだ城(03) | トップページ | ゆがんだ城(05) »