2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ひとこと通信欄

  • (2017/4/23夜) お話もだけど、読みやすさとか、投稿サイトの使い方とか、いろいろ考え中。でも、ブログでの公開は、なくさないからね。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« ゆがんだ城(07) | トップページ | 作者より:「ゆがんだ城」 »

ゆがんだ城(08)

 ゼラルドは、短剣に手をかざし、何か唱えて清めていた。そして、それが済むと、セレンにまっすぐ向かい合って立った。
「セレン、手を見せて」
 彼は冷ややかに言った。セレンは片手を前に出した。白く細い、女のような手。ゼラルドはそれには目もくれず、静かに付け足した。
「さきほどぼくに剣を投げた手を。君の利き手は右だろう」
「でもどうして」
「いいから早く。どんな怪我だって驚きはしないから」
 セレンは目を伏せて右手を出した。瘴気に触れてしまったその手は、火で焼かれたように激しく爛れていた。
「・・・」
 ゼラルドは何も言わず、そっと、セレンの手を自分の手の上に受けた。セレンはびくりとして目をあげた。ゼラルドは人に触れられるのを嫌っていて、こんなふうに人に触れることはほとんどなかったのだ。
 手を引こうとするセレンの手首を、ゼラルドの手が素早くとらえた。その力があまりにも弱かったため、かえってセレンは手を引けなくなった。表には出さないものの、ゼラルドは疲れ切っているのだった。
「セレン。少し、がまんして」
「え?・・・痛っ」
 ゼラルドは左手でセレンをつかまえたまま、聖句を唱え、右手をそっとセレンの手の上に重ねた。セレンは鋭い痛みに悲鳴をこらえて身を固くした。
 しかし、しばしののちにゼラルドが右手を外したとき、セレンは目を見張った。ゼラルドの手の上にあったのは、白い無傷の彼の手だった。忌まわしい傷は影もとどめず、ゼラルドは彼の手を完全に治してしまったのだった。
「もういいよ、セレン」
 言われて手を引くと、ふらりとゼラルドの足元がぐらついて、が、すぐに体勢を立て直す。
「大丈夫? その・・・ありがとう」
「さっきの礼と思ってほしい。今度何かあっても治しなどしないよ」
 ゼラルドはセレンに心配などされたくはなかったし、セレンも心配などしてやりたくなかった。二人はそれぞれ、セレンは大丈夫かと気遣ったことを、ゼラルドは自分が疲れを見せてしまったことを悔いた。
「行こう、セレン」
 ゼラルドは冷ややかに言った。
「早く君をフルートに引き渡さないと、ぼくの体がもたない。まったくどうして君などがフルートの友達なのだろう」
 セレンは応じて、
「一緒に来いと言ったのは君だろう。どうせぼくは人間離れした力は持っていないさ」
「可哀そうにね」
「フルートにもそう言うのか」
「彼は君のようなばかではないだろう」
 そして二人はいつものように言い争いながら、ゆがんだ城のあった場所から離れ、平和な日常の中へと帰って行ったのだった。

(完)

 

人気ブログランキングへ

« ゆがんだ城(07) | トップページ | 作者より:「ゆがんだ城」 »

コメント

月路さま
読み進むうち 我を忘れて
濃密な長編の世界に彷徨い込んだようです。
人の心のふとした闇を 歪んだ鏡は写し取り
魔の世界へ誘い込むのかもしれませんね。
人の弱さ、たくましさは
いつも 背中合わせですconfident 
私も、セレンとゼラルドの後を うんと離れて着いていきますchick

montiさま、
コメントありがとうございます♪

初期の作品ゆえ、言葉の過不足が多いところを、お読みいただきありがとうございます。
「一人でいる」人も、「一人ではない」人も、それぞれの強さと弱さがあるのですよね。
そんなことを思いつつ、不器用なりに、光あるほうへ歩いて行きたいと思っています。

こんにちは
一気に読んでしまいました。
ぜラルドがカッコ良くてツボに入ってしまったみたいです(笑)
自分も世界に入り込んでいくような感覚を覚える文章で、
ずっとわくわくしながら読んでましたhappy01
また、足手まといになると自覚しながらも、
突破口を開くセレンの行動に「おお」と思いました。
まだまだお話は続いているようなので、
楽しく拝見させていただきます~!note

凩さん、
コメントありがとうございます♪

一気に読んでいただけたとは、本当に嬉しいです!happy01shine
「金の砂の塔」とは、長さも雰囲気も違うお話なので、
こういうのは読んでいただけるかな…、って、心配していました。

旅をしている現在を語る本編と、主に過去を語る番外編とを、
織り交ぜながら進行していく物語です。
これからも、気の向いたときにお立ち寄りくださいませheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/50328135

この記事へのトラックバック一覧です: ゆがんだ城(08):

« ゆがんだ城(07) | トップページ | 作者より:「ゆがんだ城」 »