2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとこと通信欄

  • (2017/12/11朝)また休日出勤などあったので、本編進んでおりません…。ふえーん…。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« (妖精の首飾り)(05) | トップページ | (夏の訪れ)(01) »

作者より:(妖精の首飾り)

クルシュタイン国の王妃マデリーン(=フィリシアのお母さん)は、
お隣リーデベルク国の王妃アイリーン(=フルートのお母さん)と従姉妹です。

→ 目次に戻る

人気ブログランキングへ

« (妖精の首飾り)(05) | トップページ | (夏の訪れ)(01) »

コメント

どうもこんにちは、雪村さん。芝臣です。

改めて「妖精の首飾り」、読了しました。

自分の創作に悩み苦しんでいたところに、このお話は一服の清涼剤でした。
子供フィリシアも、妖精もみな優しく可愛らしく、そこに満月の首飾り、もう美しくて鳥肌が立ってしまいました。
あの・・・活劇も大好きですけど、こういうロマンティックなお話も大好きで、何度読んでもいいものです。
ともあれ、フィリシア、健康になってよかったですね。

どうも失礼しました。
それでは、また。

芝臣さん、こんにちは。雪村@出先です。
コメントありがとうございます♪

作者としては、こんなに地味なお話をリリースして良いものかと、気後れしながらのリリースだったのですが、案外多く読んでいただいているお話です。
ちっちゃいフィリシアも、普通に受け入れてもらえているようで、作者としては一安心です。

誰も急かしていないのに焦ったり苦しんだりしても、喜ぶ人は(たぶん)いないので、ご自分のペースを大切になさってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/50447457

この記事へのトラックバック一覧です: 作者より:(妖精の首飾り):

« (妖精の首飾り)(05) | トップページ | (夏の訪れ)(01) »