2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとこと通信欄

  • (2017/12/11朝)また休日出勤などあったので、本編進んでおりません…。ふえーん…。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« (夏の訪れ)(02) | トップページ | (夏の訪れ)(04) »

(夏の訪れ)(03)

 いつものセレンなら、同じ年頃の少年に興味などなく、自らも名乗ることなく、黙って立ち去っていただろう。けれども、ふだん来ない場所で偶然出くわした目の前の少年は、なんだか特別な存在に見えて、セレンは言葉を失ってしまった。
 ルークは、そんな彼を、いぶかしむように見ている。セレンは困り、ようやくのことで、
「あの・・・名前、言わなければいけない?」
と言った。
「その・・・あの、名前を言ったら、良くない、気がして」
 うつむき加減に、懸命に言葉を探す。自分の言葉のつたなさを情けなく思いながら、そっと相手の顔をうかがうと、美しい少年はきょとんとした顔をしていた。そうして、こちらも迷うようにしながら口を開き、
「もし、何かの理由があって、名前を教えられないと言うなら、それでもいいよ。ぼくも、仲間みたいなものだと思うから」
 ルークは、明るい青い目を、まっすぐセレンに向けた。
「でも、そうしたら、ぼくは君のこと、何て呼べばいい? 月光くん、とか? きれいな月の色の髪をしているから」
 少しふざけているようで、青い目がくるくると輝いている。セレンはほっとして、それから、家の名を出さなければよいのだと気づき、
「セレン、と呼んでくれる?」
「わかったよ、セレン」
 ルークは即座に応じた。それから、仔馬を木につないで、そばの草の上に、すとんと足を投げ出した。
 セレンは自分の服を見た。汚して帰ったら何か言われるだろうな、と思いつつ、ルークの隣に、少し離れて、そっと腰を下ろす。
 ルークはセレンのほうを見て、興味深そうに言った。
「セレン、君が名乗らないのは、もしかして、その肩の印のせい?」
 はっとして、セレンは思わず身を固くした。貴族の服には、左肩に金色の線が織り込まれるのが、この国の習わしだ。セレンの白い手が、服の肩を隠した。

 

人気ブログランキングへ

« (夏の訪れ)(02) | トップページ | (夏の訪れ)(04) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/50395617

この記事へのトラックバック一覧です: (夏の訪れ)(03):

« (夏の訪れ)(02) | トップページ | (夏の訪れ)(04) »