2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« (夏の訪れ)(06) | トップページ | (海辺にて)(01) »

作者より:(夏の訪れ)

ティルの実は、リンゴのようなスモモのような果物のイメージ。
多品種あり、年間を通して手に入るので親しまれています。
果実酒にしたもの(ティル酒)も一般的。wine

同じくらいの年頃の二人は、セレンのほうが1才年上です。

→ 目次に戻る

人気ブログランキングへ

« (夏の訪れ)(06) | トップページ | (海辺にて)(01) »

コメント

こんばんは。読み始めたら、一気にここまで読んでしまいました。
次のお話を読むのも楽しみです。
作品全体にやさしい雰囲気が漂っていて、気持ちよく読めますねwink

コメントありがとうございます♪
お気に召したなら何よりです。とても嬉しく思います。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
またお気軽に書きこんでくださいねhappy01

どうもこんにちは、雪村さん。芝臣です。

昨日はヘンな質問をしてしまって、どうもすいませんでした。

さて、改めて「夏の訪れ」、再読しました。

綺麗ですねえ・・・。いつもそう思います。そこには二人の身分が隠されているからですが、その緊張感が、物語に美しさを与えているのだと思います。

心が癒されるような一品です。またいつか、私は再読するでしょう。

どうもありがとうございました。
それでは、また

芝臣さん、こんにちは。雪村です。
コメントありがとうございます♪

「夏の訪れ」は、原型が最初期にできたものなので、自分で読み返すと気恥ずかしさが先に立ち、客観的に見られなくなってしまっているお話のひとつです。
なので、きっと完成度という観点では穴だらけなのではないかと思うのですが、気に入っていただけたと聞くと、とても嬉しいし、ほっとします。
どうもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/50552051

この記事へのトラックバック一覧です: 作者より:(夏の訪れ):

« (夏の訪れ)(06) | トップページ | (海辺にて)(01) »