2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ひとこと通信欄

  • (2017/6/11夜) 「火の鳥」を印刷所さんに入稿する準備をしていたら、ブログの更新間隔が空いてしまいましたー。すこーしお待ちくださーい。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 竜王の館(後編)(02) | トップページ | 竜王の館(後編)(04) »

竜王の館(後編)(03)

「おお・・・これはこれは」
 ややあって、遅れて入って来たのは、これは今度こそ、偉大なる竜王その人とその妃だった。そしてその後ろに――たぶん今しがた合流したのだろう、竜王の息子が、打ちひしがれた様子で立っている。彼は目を上げて、ミルガレーテから離れた青い髪の姫君を食い入るように見つめた。フィリシアはその視線を避けて目を伏せた。
 竜王が言葉を続けていた。
「では、倅の奴め、本当に・・・。いや、ご友人には実に失礼なことをした、光り姫。お許し願いたい」
 ミルガレーテに軽く頭を下げる。白髪と長い白い髭をした、おそろしげな顔の王であったが、見かけよりはずっと話のわかる賢い王であることは、その言葉の端々から察することができた。
 ミルガレーテは上品に挨拶を返し、
「いいえ。こちらこそ、いろいろと勝手ばかり申しあげて、申し訳ありませんでした。友人も良い待遇を受けておりましたようで、改めて竜王様ご一族のお心遣いに感謝いたします」
「なんの、勝手にひっさらって来ておいて、待遇も何もあったものではない。誠にすまなかった」
 竜王はそう言って、フィリシアのほうに目を移した。フィリシアは、努めて心を落ち着かせようとしながら、うつむき加減にそこに立っていたのだが、気が付いて目を上げ、静かに会釈を返した。竜王はそれを鋭い目で眺め、
「ほう。なるほど、これはお美しい方だ。このたびは倅が失礼をしたが、許してやってくださいますかな」
 フィリシアは初めて竜王と話すのに緊張したが、何とか微笑らしきものを浮かべて、優雅にお辞儀した。
「ご子息様には、何から何まで、すっかりお世話になりました。今こうして、元いた場所に帰していただけます以上、何をお恨みすることがございましょうか」
「さようか。そう言っていただけるとありがたい――おお、これ、どこへ行くのだ」
 最後の言葉は、くるりと背を向けて立ち去った息子に向けられたものだった。フィリシアの胸がずきりと痛み、彼女は切ない思いでうつむいた。あの方には、もっときちんとお礼がしたかったし、お別れも言いたかったのに、と彼女は思った。

人気ブログランキングへ

« 竜王の館(後編)(02) | トップページ | 竜王の館(後編)(04) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/51049135

この記事へのトラックバック一覧です: 竜王の館(後編)(03):

« 竜王の館(後編)(02) | トップページ | 竜王の館(後編)(04) »