2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとこと通信欄

  • (2017/12/11朝)また休日出勤などあったので、本編進んでおりません…。ふえーん…。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 竜王の館(前編)(12) | トップページ | 竜王の館(前編)(14) »

竜王の館(前編)(13)

 竜王の息子が言い淀むのへ、助け船を出して、
「どんな方達がおいでですの」
 聞くと、彼は気の向くままに話してくれた。どこの湖の貴族が気難しくて、どこの川の妖精が気立てがいいか。彼のどの伯父が威張り屋で、どの従姉が賢いと評判か。話の中には、フィリシアの知っている地名もあれば、およそ耳慣れない響きの地名もあった。他愛ない話ではあったが、案外おもしろかった。そうしているうち、また音楽が変わった。
「おや、これも・・・姫は踊れるのか」
 竜王の息子が、いったん踊りやめてフィリシアに訊いた。
「はい、踊れます」
 答えてから、フィリシアは質問の意味に気付いた。これも内陸の曲ではあるが、難しい曲なのだ。だんだん速度が速くなるので、最後のほうは踊れなくなる者が多い。城の舞踏会では、もっぱら若い者達が、競って踊っていたものだ。フィリシアは好きな曲だった。
「それは良かった」
 竜王の息子がにっこりと笑ったところを見ると、彼も別に不自由することはないらしい。二人は部屋の中央に出て、音楽に合わせて踊り始めた。
 ゆっくりとステップを踏んで振り付けが一巡すると、どうやらこの水の底でも、複雑なステップは地上とほとんど同じものらしく、二人はほっとしてお互いに微笑みかけた。それから先は、二人とも安心して踊り続けたが、いくら得意な曲ではあっても、旋律が次第に速まるにつれて口数は減っていき、しまいには黙って、けれど楽しげに、くるくると踊り続けることになった。浮き立つような軽やかな音楽は、どんどん、どんどん、速くなっていく。もっと速く――もっと速く――もっと速く!
「すてき・・・!」
 くるくると、くるくると踊り続けて、やっと音楽が派手な和音を響かせて終わったとき。息を切らせながら相手に笑いかけたフィリシアの、その上気した顔にも、青い澄んだ瞳にも、ついに、ここしばらくの憂鬱は、もはや影も留めてはいなかった。彼女はすっかり興奮して、無邪気な喜びと素直な称賛を、輝くばかりの笑顔でこのパートナーに振り向けていた。
「あなたはとてもとても、とても上手に踊られるのね! もっと速くなったって踊れたわ――素晴らしいわ!」
 この手放しの喜びように、竜王の息子は、少しひるんだようだった。彼は、愛しい姫君が急速に心を開いてくれていることに驚き、正直なところ、どうしたらよいのかわからなかった。彼はその端正な顔に、胸のつかえたような何ともいえない表情を浮かべて、ただまじまじと姫君の顔を見つめていた。いま何を言うべきなのか、どんなふうに振舞うべきなのか、彼は全く思いつくこともできなかった。

人気ブログランキングへ

« 竜王の館(前編)(12) | トップページ | 竜王の館(前編)(14) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/50791527

この記事へのトラックバック一覧です: 竜王の館(前編)(13):

« 竜王の館(前編)(12) | トップページ | 竜王の館(前編)(14) »