2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 作者より:(仲たがい) | トップページ | (月の娘)(02) »

(月の娘)(01)

ウェルザリーンの国王レイラームは、寡黙な王だった。
もともと無口だったのが、王妃を喪って以来、さらに口数が少なくなったようだった。
彼は、その年齢と地位から考えると異例なほど長い期間を独り身で通したが、ある年、周囲からの再婚の勧めをこれ以上断ることができなくなると、一人息子を呼んで言った。
「すまない」
と、一言だった。
呼ばれた王子ゼラルドは、ふだんから疎遠な父が、なぜこの件について謝るのか理解しかねた。が、おそらく亡き母の代理を求めているのだろうと推測し、こちらも言葉少なに、
「お気になさいませぬよう」
と答えて微笑んだ。国王はうなずいた。

父王の再婚が決まったこの夜、ゼラルドは城を抜け出して海岸を歩いた。
波の音を聞きながら、父のことと、亡き母のことを考えた。
内乱を鎮めるため、無実にして処刑された母。
親子というには遠い仲の父。
だが、父は父なりに、償いを生きている。と、聡い王子は知っていた。
物思うのにちょうどよい月夜だった。
満月の明かりが、砂浜をしらじらと照らしている。
ゆっくりと歩を進めていたゼラルドは、しかし、思いがけず思索を妨げられることになった。
いつからいたのだろう、砂浜に、少女がひとり、月を見上げていた。

人気ブログランキングへ

« 作者より:(仲たがい) | トップページ | (月の娘)(02) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/51362758

この記事へのトラックバック一覧です: (月の娘)(01):

« 作者より:(仲たがい) | トップページ | (月の娘)(02) »