2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ひとこと通信欄

  • (2017/6/11夜) 「火の鳥」を印刷所さんに入稿する準備をしていたら、ブログの更新間隔が空いてしまいましたー。すこーしお待ちくださーい。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 化身の魔女(03) | トップページ | 化身の魔女(05) »

化身の魔女(04)

「大丈夫だよ、君、落ち着いて」
 懸命に逃げ道を探すキートの行く手を上手にさえぎりながら、髪の長い若者は柔らかな口調で言った。
「君が正しい道を教えてくれたのはわかってるんだ。ぼくらはただ、話を聞かせてほしいだけなんだよ」
 その言葉は辛抱強く繰り返されることになったが、そのうち、ようやく、少年は自分が安全なことを理解して、不安そうにしながらもおとなしくなった。
「・・・どうすればいいんだい」
 しょんぼりとなったキートに、ルークは笑って、
「何をしょげてんだよ。しゃんとしろって。たださ、もしおまえの気が変わらなかったら、俺達がどうなるはずだったのか、気になるじゃないか。その魔女っていうのは、結局のところ、何をするんだ?」
「うん・・・」
 キートは若者の真意を探るように、上目づかいにルークを見上げたが、ルークの楽しそうな青い目に見つめ返されて、ため息をひとつついて降参した。
「あーあ。どうしてばれたんだろ」
「悪いことは隠せないのさ。ほら、話せって」
「うん。・・・そうだなあ」
 どこから話そうかと迷いながら、キートはぽつぽつと話し始めた。
「とにかくさ。魔女が出るっていうのは、それは本当に、本当の話なんだ。初めて話を聞いたのは、ひと月くらい前だったかな・・・町から近道を通って来た商人たちが、気味悪そうな顔して言ったんだ――道の真ん中に魔女がいて、仲間を一人置いてけと言ったって。実際、置いて来るしかなかったって。でも、その時はみんな、たいして気にしてなかったんだ。変な話で、よくわからなかったからさ。
 だけど、そのうち、だんだん同じような話が多くなって、俺んとこの村でも、何人かそうやっていなくなっちまった。話を知ってる奴はみんな、その道を通らなくなって、魔女につかまるのは他所の奴らだけになった。
 ところがある日、鍛冶屋のおじさんが、魔女につかまったはずのおばさんを、連れて帰って来たんだ。実のところ、それまでにも何回か、誰かが身代わりになって助け出すっていうことはあったんだけど、鍛冶屋のおじさんが他の人と違ってたのは、おばさんの身代わりにしたのが、まるきり何も知らない他所者だってことだった。だまして置いて来たんだよ。みんな、おじさんは卑怯だと思ったけど、仕方ないとも思った。他の人も真似を始めて、そのうちに村の人はみんな戻って来た。それから、俺達はみんな、魔女のことには目をつぶって、忘れることにしてしまったんだ。近道が通れないから、なるべく町には行かないようにしてさ。
 それで、つい三日前だったよ、俺、たまには友達に会おうと思って、遠回りして町まで行ったんだ。そしたら、あいつ、その日は何だか機嫌が悪くて、それでついこっちも腹が立って、だって遠いのにわざわざ会いに行ったんだぜ、それで大ゲンカしちまったんだ。俺はすぐに村に引き返した。頭に来てたんだ。でも途中まで来て、ふいと、あいつ魔女のこと知ってるかなって思った。それだけは教えとかなくちゃと思って、もう一回町に戻ったんだ。そしたら、あいつは入れ違いで俺の村のほうに行ったっていうんだよ。途中で会わなかったんだから、魔女のいる道に行ったんだってわかった。俺、一所懸命追いかけたんだ。魔女が出るっていう道を、走って、走って、やっと追い付いて、ああよかった間に合ったって、思ったときに・・・」
 キートは絶句した。続きは、聞かなくてもわかった。

人気ブログランキングへ

« 化身の魔女(03) | トップページ | 化身の魔女(05) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/51404655

この記事へのトラックバック一覧です: 化身の魔女(04):

« 化身の魔女(03) | トップページ | 化身の魔女(05) »