2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« (凶宴)(04) | トップページ | 予告:「花園の夢」 »

作者より:(凶宴)

この話のあと、ユリアの呪殺はどんどんエスカレートしていき、

ゼラルドはどんどん自分の感情を押し殺していき、

ある日、「それとも?」に対して自分なりの決断をして、

国を出て・・・そして出会う。

彼の過去は、そういう物語です。

---
事務連絡:明日は木曜ですが更新お休みします。

→ 目次に戻る

人気ブログランキングへ

« (凶宴)(04) | トップページ | 予告:「花園の夢」 »

コメント

どうもこんばんは、雪村さん。芝臣です。

ご案内に従って、「凶宴」、読了しました。

・・・うおー、いままでにないハードなストーリーですね(しかも後日談もハード)。

これほどの葛藤を経ているなら、ゼラルドのあの性格もわかろうというものです。

あと、レムルスとのBLっぽい場面ですが、私もあまり気にしませんでした。雪村さんはそういう悪趣味なシーンを書くような方ではないと信じていましたから。

それにしてもタチの悪い妹ですねえ。私は妹はいませんが、背筋の寒くなるものがありました。

ただ、こういうハードなストーリーは嫌いじゃありません。今後もぜひまたお願いいたします。

どうも失礼しました。
それでは、また。

芝臣さん、こんにちは。雪村です。
コメントありがとうございます♪

「月の娘」と「凶宴」は、どちらを先に書くかで迷った覚えがあります。白ユリアと黒ユリア、ですね。
サイトの性格上、シビアなストーリーはあまりないのですが、ゼラルドの背負っているものの重さに引きずられ、全くないこともない。というお話になりました。
今後もたぶん、かなりレアな発現率だと思いますが、シビアなお話が全くないことはない。と思います。

こんにちは
クールなゼラルドさんの過去だ!と、
わくわくしながら読み始めたのですが、
次第に「むむむ?」な展開に今度はドキドキはらはらでした(>_<)
しかしレムルスさんのあの試し方はドキリとしますね!(笑)
でも最後は、「それとも…?」から未来の仲間へ繋がっていてホッとしました(^^)
またお話の続きが楽しみになりました。

凩さん、
コメントありがとうございます♪
少しずつ読み進めていただいているようで、とても嬉しいですhappy01

ゼラルドは、もともと感情表現が苦手ではありますが、ユリアの存在から大きな影響を受けています。
過去のお話を辿っていくと、彼の行動様式の成り立ちが見えてくると思います。

書き手が未熟で、読みづらいことも多々あろうかと思いますが、今後もお楽しみいただければ幸いです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/51978415

この記事へのトラックバック一覧です: 作者より:(凶宴):

« (凶宴)(04) | トップページ | 予告:「花園の夢」 »