2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ひとこと通信欄

  • (2017/8/13朝)創作活動が進みません~。少しばかり夏休みをいただきます~。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« (跳ぶ)(04) | トップページ | (跳ぶ)(06) »

(跳ぶ)(05)

 セレンがフルートに目を移すと、フルートは青ざめた顔でこちらを見つめており、もはや取り繕おうともせずに、きゅっと唇を引き結んでいた。まさかフルート自らがセレンの誓いを受けることになるとは予想もしていなかったのだろうし、よりいっそう苦痛に感じてもいるのだろうと、セレンには理解できた。ごめん、フルート。でも、ぼくは、君に「跳んで」もらいたい。
 父王にうながされ、フルートは椅子から立ち上がってセレンに歩み寄り、真正面に立った。仮面のように無表情になってしまったフルートの前で、セレンはひざまずいたまま、儀礼用の剣を両手に捧げ持ち、誓いの言葉を述べた――ただし、「我が忠誠の証として」から始まる通常の定型文は使わずに、柔らかな口調で、このように述べた。
「我が命は、常に縛られることなく御身の傍らにあり、御身の輝ける命を守り奉らん。
 我が魂は、常に自由の翼によりて御身の傍らにあり、御身の天翔ける魂を守り奉らん。
 御身に異存なくば、この剣を受け給え」
 フルートがその意味を理解するまで、セレンは黙って待った。それから・・・フルートの瞳に、ゆっくりと驚きの色がのぼって来て、王子はセレンの顔をまじまじと見下ろした。
 セレンはまなざしだけで肯定した。そうだよ、フルート。君とぼくとは友人だ。剣の誓いなんて、少しも怖いことはない。傍からは忠誠と服従の誓いに聞こえるだろうし、それなら周りにはそう思わせておけばいいさ。君はこの剣を取ることで、ぼくの剣の主になる、でも、その剣にぼくが何を誓ったのか、君にはわかるだろう?
 セレンはにっこり笑って、これは型どおりに、抜き身の剣を恭しく差し出した。さあ、君が跳ぶ番だ。
「どうぞお受け取りください、フルートさま」
 フルートは捧げられた剣をしばし見つめた。それから、そっと手を伸ばして、その剣を取ると、落ち着いた動作で、決まりどおりに、剣に軽く唇を当て、向きを変えて、セレンに返した。
 セレンが剣を鞘に収めて頭を垂れると、聞き慣れた、凛と晴れやかな声が降って来た。
「ふがいない主だろうが、よろしく頼む。心遣いに感謝する、セレン・レ・ディア」
 そう、フルートは、たしかに、軽やかに跳び越えたのだ。
 王子が自分の席に戻ると、大臣が儀式の終了を告げた。
「では、これにて、ディア家セレンの謁見の儀、終了といたします」
 国王一家は退出し、そのあとに大臣や学者たちが続き、最後に高齢の筆頭博士が、何を思ったか、戸口で振り返り、ふがふがと、
「たいそう、よろしゅうございました」
と言いおいて去ったのは、これは異例のことだったので、のちのちまで語り継がれた。
 立ち上がって振り向いたセレンとその両親の前に、貴族たちは列を作って、順番に祝辞を述べた――おめでとうございます、レ・ディア。おめでとうございます、セレン・レ・ディア。
 セレンは一人ひとりに笑顔で挨拶をした。また、当然その夜はディア家の屋敷で祝賀の宴が催されたので、そこでも、次々とやって来る客たちに礼を尽くさなければならなかった。すっかり疲れ果てたセレンは、あくる日は一日眠っていたくらいだった。
 両親からは、勝手に儀式の進行を変え、誓いの言葉までも変えたことを叱られた。が、覚悟していたほどではなかったのは、あの筆頭博士のおかげかもしれなかった。

人気ブログランキングへ

※予想より延びてます。あと1回。

« (跳ぶ)(04) | トップページ | (跳ぶ)(06) »

コメント

どうもこんばんは、雪村さん。芝臣です。

今日はウチにご来訪くださり、拙作『戦乙女教師・麗香 狼たちの午後』の残りを全て読んでいただき、大変感謝しております。

さて、「跳ぶ」の続き(05)を読ませていただきました。
いやー、綺麗ですねえ。全体の雰囲気ですが。少年同士の友情がもう美しくて、ため息をつくほどです。特に誓約の文言は何度も読み返してしまいました。

いま、こちらは体調を崩して創作活動を休止しているのですが、早く具合を治して続き(#43)を書きたい、そう思わせる完成度の高さでした。

なんにせよ、まだこのお話は続くとのことですから、楽しみに待っています。
どうぞこれからも無理せず頑張ってください。

どうも失礼しました。
それでは、また。

芝臣さん、こんにちは。雪村です。

またまたコメントをどうもありがとうございます。
芝臣さんは、コメントまで端正に書いてくださるので、胸にじんと来ます。

体調不良とのこと、お大事になさってください。
私も、持病があったり、忙しかったり、諸々の事情で一ヶ月とか二ヶ月とか創作から離れることがありますが、書けないことを焦らないよう、充電期間なのだと前向きに考えるように努めています。
芝臣さんも、無理をなさらず、ゆっくり休養してしてくださいね。

また機会があればお立ち寄りくださいませ。
作品によって少しずつ雰囲気が違うので、お気に召すものが他にあるかはわかりませんが・・・。
楽しみにお待ちしておりますhappy01

どうもこんばんは、雪村さん。芝臣です。

いま、ブログランキングを見たら、この『遥かな国の冒険譚』がトップとわずか10点差の3位でした。
惜しい! ポイントを入れてさしあげたいけれど、すでに朝、ご挨拶とお礼を兼ねてリンクバナーを押してしまっているので、もはやどうすることもできず・・・。しかし、この位置にランクされているのは、このブログの実力の高さを証明していることだと思います。
うう・・・私のブログはせっかくポイントを入れてもらったのに、相変わらず7位前後を行ったり来たりしているばかり・・・。ますますこちらとは差が開いてしまいます。・・・まあ、追いつこうなどという不遜な考えもありませんけど(苦笑)。

とりあえず、今日はクスリの副作用と気候の関係か、やたらと眠くて、とても文章を書ける状態ではありませんでした。雪村さんもご病気を持っていらっしゃるとのこと、どうぞご自愛ください。

とりとめもなくコメントをしてしまいましたが、いま、作品を少しずつ読ませていただいているところです。
まだ、まとまった感想を言える段階ではありませんが、確かに各作品ごとにかなり雰囲気が違っているようですね。それもまた楽しみながらこの作品世界に心を遊ばせていただいております。

ともあれ、お体に気をつけて、これからも無理なく頑張ってください。

どうも失礼しました。
それでは、また。

芝臣さん、こんにちは。雪村です。
毎回、丁寧なコメントをどうもありがとうございます。
他の話も読んでくださっているのですね。嬉しいですhappy01
「跳ぶ」の他にもお気に召した話があったら、どうぞ教えてくださいね。

ブログランキングについては、うちは370~470ポイントくらいを行ったり来たりするので、
たまたま470近辺のとき、他のサイトさんが不調でいらしたりすると上位に入ることがありますし、
逆に、370近辺のとき、他のサイトさんが好調でいらっしゃると、ドーンと後退することもあります。
芝臣さんのサイトが複数ジャンルにまたがっていることを考えると、実質的に、うちは時々負けていると思います!

創作って、意外と消耗しますよね~。
お互い、無理せず、息長く、続けて行きましょうねsign01

どうもこんにちは、雪村さん。芝臣です。

昨日の話題じゃありませんが、『遥かな国の冒険譚』カテゴリ・トップ、おめでとうございます!(昼1時20分調べ)。
まあ、順位は入れ替わるものですが、1位というのは立派です。私だけでなく、多くの方のご支援がある証拠です。どうぞこれからも安定した物語を、無理せずお書きになってください。私も少しずつ、この作品世界を追いかけていきたいと思います。

それと、日付変更からまもなくポイントを入れてくださって、心から感謝いたします。最初、いったいどうしたことかと首を傾げてしまったくらいです(苦笑)。雪村さんのご好意には作品をもってお返しするしかないのですが・・・いかんせん「やる気スイッチ」が押されず、ワードの画面の前で呻吟しているばかり。
今月中に続き(#43)が仕上がるかどうかさえ、危ぶまれているのが現状です。

ほんと、創作活動というものは心身共に凄まじく消耗するものですよねえ。

お互い、気力、体力を維持しながら、作品を書き続けましょう。

いや、どうも失礼しました。
それでは、また。

芝臣さん、こんにちは。雪村です。

あら、ポイント入れたの、ばれちゃったんですね。
ばれにくいタイミングだと思ったんだけどな~。

一時的にでも、1位を取ったのは初めてなので、今日は嬉しかったです。
いつも応援してくださる方々には、心から感謝しています。
芝臣さんの票も大きかった! どうもありがとうございます。
ふだん500ポイント以上取っている他のサイトさんが、たまたま調子悪かっただけだとはわかっていますが、これからも頑張ろうという気持ちになりました。

やる気スイッチは、無理に押さずに、充電も大事だと思います。
急がば回れ。真摯にマイペース、マイペース、です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/55245437

この記事へのトラックバック一覧です: (跳ぶ)(05):

« (跳ぶ)(04) | トップページ | (跳ぶ)(06) »