2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとこと通信欄

  • (2017/12/11朝)また休日出勤などあったので、本編進んでおりません…。ふえーん…。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 救出の報酬(02) | トップページ | 救出の報酬(04) »

救出の報酬(03)

 案内役が不要になったので、見張りからは見えない場所で、セレンは一気に距離を詰めて、大男と令嬢に追いついた。
「ねえ、そこのおにいさん」
 後ろから声をかけると、大男は跳びあがって振り向いた。
「なっ・・・おまえは」
と言って、大男はぶんと腕を振り回したが、セレンがひょいと身をかがめて避けて、ちょっと強めに当て身を食わせたら、ぐうと呻いて、あっさりのびてしまった。少し拍子抜けだ。本当は、一味の情報など聞き出すつもりだったのに。まあいいか。
 おあつらえむきに、大男は腰にロープを携えており、セレンはそれを拝借して、大男の手足を手早く縛り上げた。
『お待たせ、お嬢さん』
『さっきの方・・・?』
『うん。それでね、申し訳ないけれど、君は、ぼくが悪者をやっつけて来るまで、このあたりで――ええと、この壁の陰あたりがいいかな――、一人で隠れていられる?』
『はい。心細いですが、足手まといにはなりたくありません』
『ごめんね。ぼくが戻って来るまで、ここでじっとしていて』
 娘が隠れるのを手伝ってやってから、セレンは縛り上げた大男を、見張りから見える位置まで転がした。能天気な見張りが気付かない様子なので、こちらが歩いて行くことにした。隠れ家の規模からして、中にいるのは、せいぜい10人前後だろう。
 歩いて来るセレンに気付いた見張りは、ちょっと扉を開けて声をかけてから、また扉を閉め、警戒態勢で待ち受けた。セレンはそのまま近付いて、にこりと笑い、
「やあ。向こうに倒れている大男は、君たちの仲間?」
と、自分の来たほうを指差した。見張りは疑わしそうにじろじろとセレンを見てから、指差されたほうに視線を投げて、そこに本当に仲間が倒れているのを見て、ぎょっと目を見張った、その瞬間、首元にヒヤリとした刃物の感触を感じることになった。セレンが後ろに回り込んで、ナイフを突き付けたのだ。
「大声を出したら殺すよ。中の人数は?」
「・・・じ、11人」
「人質の数は?」
「いない。あそこに倒れている奴が連れて来るはずだった」
「リーダーの名前は?」
「ミーナ」
「女か・・・人質にするはずだった令嬢の、侍女で間違いないか」
「そう聞いている」
「なるほどね。ありがとう」
 ナイフを引っ込めて手刀を落とし、見張りを気絶させてから、セレンは扉を開けた。

人気ブログランキングへ

全4回→全5回に変更します。

« 救出の報酬(02) | トップページ | 救出の報酬(04) »

コメント

どうもおはようございます、雪村さん。芝臣です。

いやー、いいですねえ(笑)。
○曜時代劇の時間ですってなもんですね。
ただ、ナイフを突きつけた時のセリフは、「殺すよ」もいいんですけど「わかってるよね?(ニヤリ)」もいいかなあ、とかおもっちゃいました。

さて、どうもこの誘拐劇には裏が隠されているようで、次回の大活劇(?)の前の「冥土のみやげに教えてやろう」で悪党どものリーダーがベラベラと喋ってくれることでしょう。
そしてBGMは『暴れん坊将軍』に変わり、ワルモノはスカッとやっつけられる・・・と(苦笑)。

すいません、モロ楽しんでます。惜しむらくは悪代官さまがまだ登場しないことですね(笑)。

どうも失礼しました。
それでは、また。

芝臣さん、こんにちは。雪村@通勤電車です。
コメントありがとうございます♪

冥土のみやげと悪代官は、今回ご用意がありませんので、読者の方がご自分で脳内補完してくださるようお願い申しあげます(笑)。

暴れん坊将軍…。いえ、もちろん、めいめいお好きなBGMでお読みくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/55535039

この記事へのトラックバック一覧です: 救出の報酬(03):

« 救出の報酬(02) | トップページ | 救出の報酬(04) »