2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとこと通信欄

  • (2017/12/11朝)また休日出勤などあったので、本編進んでおりません…。ふえーん…。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« (従者試験)(01) | トップページ | (従者試験)(03) »

(従者試験)(02)

 窓が閉ざされてから三日目のこと、浮かない気持ちでリオンが学び舎に行くと、昼近く、学問所長のタイバル老師がリオンを別室に呼んだ。
「太陽の塔のギースが、体を壊して、ゼラルド様の従者を辞めることになった」
と、老師は淡々と話した。もちろん、リオンはギースのことを知っている。ギースは少し年上の、優れた太陽の聖者だが、いつもとげとげしく不機嫌なうえ、王子に批判的なことでも知られており、彼が半年前に王子の従者に選ばれたとき、リオンは何かの間違いではないかと思ったものだ。
 老師は話を続けて、
「代わりに、月の塔と王立学問所で成績の優秀な者を、従者の候補として何人か推薦するようにと、ゼラルド様からお言葉をいただいている。候補を集めて試験をなさるらしい。リオン、そなたは月の塔でも学問所でも成績が優秀だが、どうだね、試験を受けてみる気はあるかね」
「はい。喜んで」
 リオンは一も二もなく承知した。どうせ、騎士隊長である父の期待は、剣に秀でた兄レムルスに向けられている。リオンは自身の道を自らで選び取らなければならないのだ。ならば、以前より敬愛する王子に仕え、できることなら、いま起こっている不吉な何かから、王子殿下をお守りしたい。
 試験は一週間後であると告げられた。おそらく、月の聖者としての実力を試されるだろう、とも。よし、今日から一週間、月の力の発動を特訓しよう――。
 喜ばしいことに、翌日の朝、リオンが半ば諦めながら、回廊の端から向こう側の窓を見上げていると、窓は開いて、小鳥たちが群がった。王子は疲れているように見えたし、首をかしげて、ぼんやりと上の空のようにも見えたが、ともかく再び無事な姿を見ることができて、リオンは安堵した。
 リオンはその場で、そっと右手を胸に当てて略式の礼を取り、どうかお側にお仕えさせてくださいと、静かに祈った。

人気ブログランキングへ

« (従者試験)(01) | トップページ | (従者試験)(03) »

コメント

どうもおはようございます、雪村さん。芝臣です。

「従者試験」(02)、拝読しました。

太陽の塔・・・というと岡本太郎ですね!(違うって)

いや、実際、太陽の塔と月の塔の違いはどうなんでしょうか。まあ、次回、説明されることとは思いますが・・・。

前の従者のギースが体を壊したのには、どうしても義妹・ユリアの陰を疑ってしまいますねー。ゼラルドもそれで悩んでいたとか・・・。

ところでローレインでは戦闘術を「武道」と呼ぶのですね。なにか近代日本的で異質な感じがしました。術理よりも精神性を重んじたりするのでしょうか?

今回、読んでつらつらと感じたことを書いてみました。

どうも失礼しました。
それでは、また。

芝臣さん、こんにちは。雪村@電車で移動中です。
ん? コメントありがとうございます。

こんな地味な回にまで反応していただいて、なんだか恐縮です。
コメント書きにくいときは放っておいて大丈夫ですよconfident

太陽の塔と月の塔については、このお話で説明するかどうかは微妙なところです。

「武道」については、「文武両道」ではないのだよねーと思いながらツルッと書いたのを、チェック漏れしたと思われ。
すみません、あとで直しときますcoldsweats02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/55642173

この記事へのトラックバック一覧です: (従者試験)(02):

« (従者試験)(01) | トップページ | (従者試験)(03) »