2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ひとこと通信欄

  • (2017/4/23夜) お話もだけど、読みやすさとか、投稿サイトの使い方とか、いろいろ考え中。でも、ブログでの公開は、なくさないからね。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 予告:「火の鳥」 | トップページ | 火の鳥(02) »

火の鳥(01)

 夕闇が降りて来て、街の門が閉ざされようとしているところに、ぎりぎり間に合って、中に入れてもらうことができた。さほど大きな街ではないはずなのだが、やたらと道が入り組んでおり、枝道やら階段やら行き止まりやら、まるで迷路のような所だ。一行は何度も人に道を尋ねながら、ようやく宿にたどり着いた。
 厩に馬をつなぎ、食堂で軽く夕食を済ませ、めいめい部屋に引き上げようかというところで、金髪の王子は一人、
「治安が良さそうだから、少しだけ」
と、宿の主人に酒場の場所を聞き、出かけることにしたようだった。その背に向かって、
「迷子になるなよ」
と、セレンが声をかけると、わかったというふうに片手をあげる。本当にわかっているかどうかは怪しいものだ、とセレンは心の中で思う。
 あとの二人、フィリシアとゼラルドは、腑に落ちない顔をしていた。口を開いたのは姫君のほうで、
「ねえ、セレン。フルートが道に迷うことなんて、あるの?」
「あるよ」
と、セレンは笑った。フィリシアは納得がいかない様子で、
「いつも、何の目印もない野原の中をさえ、少しも迷わずに先導してくれるのに?」
「うん、それは逆だから。つまり、何もなければ迷わず進める。方角を間違えない不思議な王子様だからね。でも、この街のように枝道や行き止まりの多い場所だと、いつもの癖で方角を頼りに歩き回っているうち、帰り道が見つからなくなって、迷子になるわけ」
「そうなのね・・・」
 青い髪の姫君は、目をぱちぱちさせて、妙に感心している。黒髪の若者のほうは、聞きたいことを聞き終えて関心を失い、さっさと席を立つところだ。セレンはフィリシアに勧めて、
「君も休んだら、フィリシア。明日の朝は早いよ」
「そうね・・・。では、先に休ませてもらうわね。おやすみなさい、セレン」
「おやすみ」
 セレンは二人を見送って、自分はしばらく居残ることにした。客のまばらな食堂で、なかなかに可愛らしい宿の娘をつかまえて話し込んだりしていたが、二時間ほど経ったところで、軽く溜息をついて話を切り上げ、立ち上がった。
「ほーら、戻って来ない。仕方ないなあ」
「あなたのお友達?」
「そう。ええと、酒場はどこだと言ったっけ?」
 宿の娘は、月色の長い髪をした若者に、酒場への行き方を教えてくれた。込み入っている道順をよくよく頭に刻みつけて、セレンは礼を言い、どこかで道に迷っているだろう友人を連れ戻しに、自分も外に出たのだった。

« 予告:「火の鳥」 | トップページ | 火の鳥(02) »

コメント

はじめまして、興味ある内容なので、
今度の三連休にじっくり読まさせて感想書かせてください。
ブログを読むのは好きなのですが、なかなか、ゆっくり時間がないのですが、
もうすぐ連休です。今度は外に出ないで、ブログ読書します。
それでは、今日も良い一日を!

TOSHIAKIさん、こんにちは。雪村です。
コメントありがとうございます♪ 広場ではポチありがとうございます♪

物語に興味を持っていただいて光栄です。
いろいろ至らない点のある、へなちょこファンタジーですが、
お気に召すか召さないか・・・ちょっとドキドキしますheart02

お忙しいようですね。お疲れの出ませんように。
今日も暑い日になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/57637301

この記事へのトラックバック一覧です: 火の鳥(01):

« 予告:「火の鳥」 | トップページ | 火の鳥(02) »