2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ひとこと通信欄

  • (2017/6/26夜) 「火の鳥」は、早割を使って、のんびりと印刷をお願いしたので、出来上がりは7/15頃です。オフセット印刷です。綺麗に刷れるといいな~。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 火の鳥(08) | トップページ | ひとやすみ:私の100冊、選定中です☆ »

作者より:「火の鳥」

ええと、フィリシアかゼラルドの話を書くつもりだったのですが…sweat02 
ふたを開けてみたら、フルート(ルーク)が出ずっぱりの話になりました。
まあ、彼を紹介するのに適した話が書けたと思えば、これはこれでいいのかも?
でも、次こそ、フィリシアかゼラルドの話を書くぞ。

全4回のつもりだったのに、倍に膨らんでしまったのも計算外でしたが…sweat02
本編だし、最近短い話が続いていたから、これもこれでいいのかな。
滞りなく最後まで連載できたので、ひとまず良しということにさせてくださいcoldsweats01

いつも、つぶやき、コメント、ブログランキング等、励ましをありがとうございます。
感謝して受け止めて、次へと進む力にしています。
(ランキングは直近7日間の集計なので分かりづらく見えるかもしれませんが、
押してくださった方がいるということは、しっかり伝わっています。)
次作の構想はまだですが、整うまでは「こぼれ話」と「ひとやすみ」をお届けさせていただきますね。
どうぞよろしくお願いいたします。

→ 目次に戻る

« 火の鳥(08) | トップページ | ひとやすみ:私の100冊、選定中です☆ »

コメント

雪村さんこんばんは

ボリューム増の執筆お疲れ様でした
後半フルートの立ち居振る舞いに王者の風格を見ました

個人的には鳥好きなのもあってアイテム…
フェニックスの尾的なアミュレット・オブ・ファイアーバード
に心擽られましたw

ゼラルドの羽は何の鳥の羽でどんな護符の効果があるのか
興味深いです

ランキングはジャンル違いですが同じ所に登録しているので
自分の所をチェックする時に経由して見に行っています

皆さんの暖かい応援…首位と差が詰まってますね

ではまた

月路さん
長編終了お疲れさまでした。
今回もまた、読みごたえある作品に仕上がりましたねconfident
最初から思っていたことですが
月路さんの作品は、文字の中から風景や情景がくっきりと浮かび上がってきます。
絵をイメージされて 書かれているんでしょうね。
美しく、雄々しい情景でしたconfident

>とり3さん

コメントありがとうございます♪

「フルート」と「ルーク」が同じ話を半分ずつ分け合うことは珍しいので、ギャップを楽しんでいただけたら嬉しいです。
ゼラルドの鳥の話は、重要エピソード(番外編)に絡むのですが、なかなか思うように構成できず、ずっと温め中…。

ランキングは、とり3さんがジャンル違いで参加していることに、つい最近気が付いて、チェックするようになりました。
(他サイトさんでバナーを見かけると押しているのですが、テキストタイプは見落としがちで…sweat01

お忙しい中、ご訪問とコメントをありがとうございましたchicknote

>P.P.montiさん

コメントありがとうございます♪

そうですね、「この場面を書きたい」と思うときには、絵をイメージしていることが多いです。
あまり緻密に描写しないので、私の思い浮かべた絵と、読者のかたが思い浮かべる絵は色々違っているかもしれなくて、でもその違いを考えるのがまた楽しい、という気持ちです。

火の鳥たちが並んでいる絵、大鳥と雛鳥が飛び立つ絵、ラストで空に雲が光っている絵…。
あ、ルークが賭けカードを遊んでいる絵、とかもあります。

いろんな話にコメントを書いてくださって嬉しいです。どうもありがとうございますshine

 どうも度々すみません、雪村さん。芝臣です。

 ああ、いいなあ。とてもいいお話でした。だから私は貴女のこの物語群が大好きなんですよ(真顔)。

 というか、辺鄙な田舎の病院帰りである今の私にとっては、まさにこういう「平和」なお話が、常になくしみじみと心に沁み渡って広がり、その「渇き」を癒してくれたのです。まったく、自分でも意外でしたが、どうやら私は本当に大きく変わって帰ってきたようです。・・・それも、おそらくは「良い」方向へと。

 なんにせよ、素敵な物語を久々に堪能させていただきました。繰り返し、御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

 ではでは、これから先の物語もゆっくりと追いかけていきますゆえ、どうぞよろしくお願いいたします。

 どうも失礼いたしました。
 それでは、また。

芝臣さん、
コメントありがとうございます♪

予定よりも延びてしまって、あれこれ詰め込みすぎたかしらと心配していたお話ですが、どこかの誰か(今日は芝臣さん☆)の渇きを癒すことができたなら、これ以上の喜びはありません。

芝臣さんがご不在の間、たいして物語は進んでおりませんから、読み急がなくとも大丈夫ですよ~。
ごゆるりとお過ごしくださいませ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/57731018

この記事へのトラックバック一覧です: 作者より:「火の鳥」:

« 火の鳥(08) | トップページ | ひとやすみ:私の100冊、選定中です☆ »