2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ひとこと通信欄

  • (2017/6/26夜) 「火の鳥」は、早割を使って、のんびりと印刷をお願いしたので、出来上がりは7/15頃です。オフセット印刷です。綺麗に刷れるといいな~。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« お知らせ:目次が長くなったので | トップページ | 予告:「小人のお茶会」 »

こぼれ話:セレンのファーストキス

お話を書くときは、割とガシガシ削って書きます。
読者の方の想像を妨げないために削る場合もありますが、お話のバランス調整のために削る場合も多々あります。
前者の場合、削った部分は白紙になりますから、誰でもお好きなように思い描いてくださればよいのですが、後者の場合、削った部分は作者の頭の中に、「書かなかったけど、本当はあったこと」として残っています。

記述部分が没になったことに変わりはないので、読者の方が異なる絵をお望みなら、いくらでも書き換えていただいて構わない部分ですけれども。
今回は、そういう、バランス調整のために作者が削った部分をひとつ。
「あの子どこの子」の一場面です。
誰がルークの恋人役を務めるかで揉めているところ。

***

セレン「だけどさ、ルークとキスするとか、しないとかって、それほど重大なこと?」
女の子たち「当たり前じゃない!」
セレン「キスなんて、犬に舐められたと思えば、たいしたことでは――」
女の子たち「何よ、それ! 初めてのキスは、好きなひととしたいに決まってるでしょ!」
セレン「そんなこと言ったら、ぼくの初めてのキスは、親戚の家の犬に舐められたんだけど。いつも、遊びに行くと飛びかかって来て、顔中を舐められるんだ」
女の子たち「・・・」「・・・そうなんだ」「・・・可哀想なセレン」

***

というわけなのでした。
また、セレンが初めてキスした「人間の」お相手は、不詳ですので皆様のお好みのままに。
やたらと親戚に女の子が多そうなイメージなので、そのうちの一人であってもいいですし、そうではなくて雑貨屋のエリナであってもいいと思います。
BL志向なら、後日セレンがルークに「ねえ、この前の続き…(顔真っ赤)」みたいなのも、有りなのかな(それとも逆なのかしら?)。

ちなみに、「あの子どこの子」のエンディングは、「セレン&エリナ」パターン、セレン独白パターン、未来チラ見パターン、の3種類の中から、迷った末に、未来パターンを選択したものです。
選択しなかった残りの2パターンについては、すでに白紙です。

以上、制作裏話でした。
この週末は、ぐうたら過ごしてしまったので、次回作の進捗報告はもう少しお待ちくださいsweat02

« お知らせ:目次が長くなったので | トップページ | 予告:「小人のお茶会」 »

コメント

ふふっhappy01
ゴメンナサイ、セレンさん!
あなたのお話に思わず吹き出してしましました。
「見ざる聴かざる言わざる」
ということに いたしますthink
まだ・・笑ってる・・ぷっdog

どうもこんばんは、雪村さん。自分のとこのネタを書き終えて、のんびりとこちらの記事を読んだ芝臣です。

個人的にエリナの好感度は非常に高いので、せめてキスぐらいは彼女としてほしいですねえ。その代わり、勢い余って「食べちゃった」りしたら、マジで正室か、少なくとも第2夫人ぐらいにしないと都中の女の子(女性陣)を敵に回してしまう可能性も高いですけど(まあ、「跳ぶ」の紳士的な少年セレンなら大丈夫だと思いますが)。

び、BLネタは・・・あれは勢いと流れだから成立しかけたんで、それ以外でやるのはなしにしてほしいですっ(力説)。・・・しかし、それでもなお、ありそうだからコワいですねえ。早く二人ともに「健全」な性教育をする家庭教師が見つかることを祈りましょう(え?)。

でも、こーゆーネタって考えると、けっこう楽しいですね(苦笑)。むろん、冗談の範囲でのお話ですけど。
なんか、親戚の女の子の誰かっていうのは、ちょっと隠微な感じがして(この世界・時代ではそうでもないのかな?)、シャレですまないような気もします。

ウチの面々のことも考えつつ、色々と想像してしまい、こんな夜更けに萌えたり悩んだりしてしまいました。ああ、やれやれ(莫迦)。

いや、どうも失礼しました。
それでは、また。

montiさん、
コメントありがとうございます♪

「あの子どこの子」は、全体的に、ほのぼの笑える、ちょっとくすぐったい感じのお話として書いたので、没部分でも笑っていただけるのは嬉しいですnote

「親戚の家の犬」は、大きい犬でも、小さい犬でも、お好きなイメージでかまいませんが、人懐こい犬を飼っているおうちでは、現実に結構こういうこと、あるんじゃないのかな~dog

芝臣さん、
コメントありがとうございます♪

セレンもエリナも分をわきまえているので、たぶんこの二人の間には何にもなかったんじゃないかな、と、個人的には思っていますが、非公式見解です。

フルートとセレンは、二人とも、知識としては既に教育を受けていると思います。彼らの場合、何かあってからでは遅いので。
フルートは王子様ですから、数年後には実技指導の女性が付いてもおかしくないのですが、作者権限により、付けません。
いずれにしても、フルートとセレンの仲は友情なので(公式設定)、ご心配は不要ですよ~shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/58333845

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話:セレンのファーストキス:

« お知らせ:目次が長くなったので | トップページ | 予告:「小人のお茶会」 »