2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« ひとやすみ:アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」 | トップページ | 進捗状況報告(2013/11/29) »

こぼれ話:見えないものが視えますか?

幽霊の出てくるお話を、書きたいと思っています。
私自身は全く視ませんが、怖がりなので、視えなくてよかったと思っていますcoldsweats01 

ふと気づいてみると、私の書く物語世界には、今のところ、
幽霊や精霊や妖精や小人や魔女や怪人はいるようですが、
日常の闇にひそむ、お化けというか妖怪というか、
たとえばヌリカベや九尾の狐のようなものは、いないようです。

そもそも西洋的世界観には、そういう「妖(あやかし)」って存在しないのかも?と思いつつ。
「竜王の館」の「竜王」は、東洋的な「龍」のイメージで書いていますし、
(そのことは雨を呼ぶあたりでお気づきかと思います、)
だから(?)、洋の東西にこだわらず、ヌリカベも、九尾の狐も、いてもいいような気がします。
そのうち、よく考えてみたいテーマです。
今は、幽霊について考えていますけれども。

***

話は変わって、「私の100冊」は、ほぼ選定が終わっており、
あとは積読本を3冊読めば、心おきなく表に出せる状態です。
そして、「未完」を理由として脱落してしまった本の中に、
「夏目友人帳」と「百鬼夜行抄」があります。
どちらも漫画で、「妖(あやかし)を視る」ことを題材にしています。
「夏目友人帳」は、主人公の成長に重点を置いた作品、
「百鬼夜行抄」は、筋立ての魅力に重点を置いた作品、
と、私は思っています。
「妖」の好きな方はお試しくださいませ~☆

« ひとやすみ:アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」 | トップページ | 進捗状況報告(2013/11/29) »

コメント

こんばんは♪

私も同じく、幽霊は視ません。やっぱり、怖いですよね。
ただ、愛する人への情が幽霊にさせてしまったのなら、憐れだな~と思います。

幽霊の出てくるお話し、楽しみに待ってま~すヽ(´▽`)/

そして、『百鬼夜行抄』 面白いですよね❤ 
そっとする怖さもありますが、妖怪や物の怪にユーモラスな味わいがあるところが好きです。

こんばんは☆

私も幽霊はみえないのですが…ちょっと何かの気配は感じます。
それが、イコール幽霊なのかどうかは、わからないですけどね。

目に見えないものだから実在しない、とも言い切れないでしょうし、
幽霊とか妖の存在だからといって、必ずしも怖いわけでもなくて、
不思議だけど案外身近な存在なのかも?なんて(笑)

雪村さんがどんな幽霊を登場させるのか、
楽しみにしてますね♪

クマ2さん、
コメントありがとうございます♪

考え方として、誰かの霊が自分を守ってくれている、というのなら、怖くないかも?
でも、お風呂とかトイレとか寝ているときとかも見守られているのかと思うと変な気持ち…。

「百鬼夜行抄」、たしかに、怖いだけではない、バランスの取れた面白さだと思います。
青嵐・尾白・尾黒たちが良い味出してますよねheart04
「夏目友人帳」もいいですよ~。最初は人物の描き分けが気になりましたが。
これからも主人公の成長を見守りたいです。

両作品とも、オカルト的な要素を色濃く持ちながら、情感のある物語になっているところが素敵だと思っていますshine

primaveraさん、
コメントありがとうございます♪

某オカルト映画で、序盤では幽霊が見えて怖がっていた子が、終盤になると怖がらずに幽霊と会話できるようになっていました。
それを見て、「そうか、案外、身近な存在なのかなー」と思ったことを思い出しました。
でも、人間同士でも、気の合う人と合わない人がいるのだから、幽霊や妖にも、怖いのと怖くないのと、両方いるような気はします…。

いずれ会うことがあったら、びっくりしない登場の仕方をしてほしいなあ、などと思います。
いずれ幽霊になることがあったら、あまり人を驚かせないように注意したいですcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/58648937

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話:見えないものが視えますか?:

« ひとやすみ:アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」 | トップページ | 進捗状況報告(2013/11/29) »