2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ひとこと通信欄

  • (2017/4/23夜) お話もだけど、読みやすさとか、投稿サイトの使い方とか、いろいろ考え中。でも、ブログでの公開は、なくさないからね。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« ひとやすみ:私の100冊(5) | トップページ | ひとやすみ:私の100冊(7) »

ひとやすみ:私の100冊(6)

今日は「漫画」にしますね。9冊ありました。
現在進行形の漫画を信じきれない性質なので、完結したものを選んでいたら、なんだか古い作品ばかりになっちゃった…。

***

【漫画】

「OZ」 樹なつみ
 
 20年以上前に初めて読んで以来、私の中で不動の1位です。
 SFエンタテイメント。学究肌の女の子が、傭兵とヒューマノイドと共に、理想都市OZを目指す…。
 SFの好きな方は、ぜひご一読ください!

「ポーの一族」 萩尾望都
 絵柄は古くて不安定ですが、それすらも長所に思えるファンタジー。
 貸し出し経験から言って、人によって合う合わないがハッキリ分かれます。
 「物語は時系列順に並ばなくてよい」と知ったから、いま『冒険譚』を書いている私がいます。

「グラン・ローヴァ物語」 紫堂恭子
 ファンタジーの王道。絵も綺麗。
 なのにどうして、今は文庫版しかないのかなあ。
 同じ作家さんの「王国の鍵」も、好きなんだけど、Kindle版しかない…。

「中国の壺」 川原泉
 この作家さんの作品は、ユーモアがあって、優しくて、いろいろ人気作があります。
 私はこの本が一番好きです。

「地球へ・・・」 竹宮恵子
 SFの名作。未来社会と超能力をテーマにした、濃密なストーリーです。
 SFがお好きな方は、これもぜひ。

「BLACK JACK」 手塚治虫
 言わずと知れた、闇の天才外科医の物語。様々な感情を呼び起こされます。

「動物のお医者さん」 佐々木倫子
 獣医学部が舞台のお話。この作家さんのユーモア感覚が、すごく好きです。

「銀河鉄道999」 松本零二
 だって、SFが好きで、旅物語が好きなんだもの。

「有閑倶楽部」 一条ゆかり
 いま読むと、少し古いかも? でも、個性あふれる「仲間たち」のてんやわんやが好き。
 ホラー回も良いです。

***

と、こんな選択になりました。
ちなみに、現在進行中の漫画で、最近のお気に入りは、「7SEEDS」「夏目友人帳」「おおきく振りかぶって」あたりかなー。

« ひとやすみ:私の100冊(5) | トップページ | ひとやすみ:私の100冊(7) »

コメント

今回は7冊♪
漫画も大好きです!

うさパンさん、
コメントありがとうございます♪
知名度から考えると、漏れたのは「OZ」と「グラン・ローヴァ」かな?

私も漫画、大好きですheart
中高生の頃は、漫画を軽んじている友人にお気に入りを貸し出して、啓蒙活動(?)していました。
小説には小説の、漫画には漫画の、良さがありますよね~lovely

月路さん♪

日本の漫画文化は、アニメ以前に
世界に誇れる芸術表現だと思います!

萩尾望都「ポーの一族」
竹宮恵子「風と木の歌」
大島弓子「海にいるのは・・」「七月七日に・・」
は、私の中では未だに色あせません。
ああ、久しぶりに想いだしましたconfident
ありがとうshine

montiさん、
コメントありがとうございます♪

萩尾さんは「トーマの心臓」も好き。
「風と木の歌」は友達から借りて読みましたが、最後が思い出せないのはなぜだろう…。
大島弓子さんは「綿の国星」をちょっと覗いたことがある程度なので、montiさんのお気に入りも読んでみたいな。文庫なら手に入るのかな…。
山岸涼子さんの「日出処の天子」も100選に入れたかったー。

来年、またお会いする機会があったら、お気に入りの貸し借り、したいですねえheart04

月路さん♪

「トーマの心臓」もいいですね!
大島弓子の作品は、短編がすごく詩的でいいんです。
「風と木の歌」は、最後ハピーエンドが逆転して・・哀感があります。
これは全巻もっていたはず。
大島弓子はあったかな・・? ちょっと調べてみますね。

もし、機会があれば美術展でもご一緒したいですね(*^-^)

montiさん、
フォローありがとうございます♪

美術展、いいですねえ。歌舞伎はいかがですか?
何か良さそうなイベントがあったら行きましょうね~heart01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/58831815

この記事へのトラックバック一覧です: ひとやすみ:私の100冊(6):

« ひとやすみ:私の100冊(5) | トップページ | ひとやすみ:私の100冊(7) »