2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ひとこと通信欄

  • (2017/4/23夜) お話もだけど、読みやすさとか、投稿サイトの使い方とか、いろいろ考え中。でも、ブログでの公開は、なくさないからね。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« ひとやすみ:私の100冊(4) | トップページ | ひとやすみ:私の100冊(6) »

ひとやすみ:私の100冊(5)

『冒険譚』も恋しくなってきましたが、なんだか創作の進まない日々…。
ごめんなさい、年内の新作はあきらめます。
せめて100選は完結させるべく、今日はSF、13冊です。

***

【SF】

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 フィリップ・K・ディック
 「サイバー」な雰囲気が好き。でも、どうしてこんなに好きなのか、自分でもよくわかりません。
 この作品を好きな人は多いのですが、みんなは好きな理由を自覚できているのかなあ?

「銀河英雄伝説」 田中芳樹
 言わずと知れた、国産スペースオペラの代表作。少し癖のある文章ですが。
 「三国志」や「グイン・サーガ」が好きな方は、これもどうぞ。

「星を継ぐもの」 J・P・ホーガン
 レイアウトが読みづらくて敬遠してたのを、読書友達に薦められて読んだ本。読んで良かった!
 SFとミステリが両方好きな人に、特におすすめ。壮大な謎を解きましょう。

「老ヴォールの惑星」 小川一水
 ライトなSFからハードなSFまで楽しめる中短編集。
 長編作品も良い作家さん。全3巻の「復活の地」あたり、サラリーマンにおすすめです。

「火星年代記」 レイ・ブラッドベリ
 叙事的な気もするし、抒情的な気もするし…。
 この方の本を何冊か読んで、一番好きなのは、これ。名作です。

「アイの物語」 山本弘
 「ここまで読んだら100選作ろう」と決めた、積読本の最後の1冊でした。
 千夜一夜物語形式の、ハートウォーミングな物語。
 書かれたのは少し前ですが、今年読んだ中で一番の収穫になりました。

「夏への扉」 ロバート・A・ハインライン
 安心して読める物語。SF初心者の方に読んでみてもらうことが多いです。
 ネコ好きな人には、特におすすめ。

「パプリカ」 筒井康隆
 夢がテーマの物語。一気読みしちゃう勢いがあります。
 最近、筒井さんの本、読んでないなあ…。

「涼宮ハルヒの憂鬱」 谷川流
 もう、この設定を作った時点で作者の勝ち、と思いました。
 ライトノベルですが、食わず嫌いせず、読んでみてください。

「地球幼年期の終わり」 アーサー・C・クラーク
 読んだときには、たいして感銘を受けなかったのですが。
 時が過ぎても、ずっと印象に残って、忘れられない物語。

「花狩人」 野阿梓
 既成のSF小道具を効果的に使っていることに感心した、抒情的なSF。
 すこーし、BLっぽい雰囲気があるような…? 苦手な人はごめんなさい。

「敵は海賊・海賊版」 神林長平
 このノリは、合う合わないが分かれるようです。
 言語感覚を大事にしている人に、読み心地を楽しんでもらいたいです。

「砂の惑星」 フランク・ハーバード
 SFとファンタジー、両方好きな人におすすめします。砂の印象が好き。
 と言いながら、シリーズものなのに1冊しか読んでないのですが。単品評価で100選入り。

***

と、こんな感じになりました。
初めてSFに触れた頃に読んだ、星新一さん、新井素子さん、高千穂遥さん、夢枕獏さんの作品を入れられなかったのは残念です。

« ひとやすみ:私の100冊(4) | トップページ | ひとやすみ:私の100冊(6) »

コメント

今回は6冊♪
夢枕獏さん、新井素子さん、懐かしい!(=^・^=)
コメントのお返事いつもありがとうございます。
「うさぎパン」わたしも興味深々❤調べてみますね!

うさパンさん、
コメントありがとうございます♪

中学生の頃、新井素子さんの「扉を開けて」が大好きでしたheart04
独特な文体は人を選ぶし、ことに大人には読みづらいけれど、今でも本棚の奥にあります。

「扉を開けて」や、「吸血鬼ハンターD」や、「クラッシャージョウ」といった、あの頃のお気に入りは、今の子供たちが読んだら、どう感じるのかなあ…。

雪村さん、こんにちは^^
筒井康隆さんのSF、好きです。
超能力ものとか、引き込まれました。
神林さんの「敵は海賊」懐かしい~~happy02
表紙、猫じゃありませんでした??
「銀英伝」も入ってますね~heart04
龍三兄弟も好きです~^^

新井素子さんの「扉を開けて」も大好きですheart04
「星へ行く船」シリーズもよかったですね~
高千穂さんの「ダーティーペア」もみんな読みました!
若い頃に、こんなわくわくする本にたくさん触れられたのは幸せですconfident

今の子達も読めば楽しめると思いますhappy01

弥沙さん、
コメントありがとうございます♪

「敵は海賊」表紙の猫は、猫って言ったらアプロに怒られますよ~wink
そして竜堂兄弟は四兄弟ですよ~wink

大人になってから手に取るよりも、小中学生のときに出会えてよかったと思う本が、意外とあります。
今の子供たちに渡しても、古くないかな。楽しんでもらえるかな。
そしたら、知り合いの本好きな子供たちに、貸し出してみようかな…confident

ああ!四兄弟でしたcoldsweats01
いいと思いますよ!^^
試しに一冊!
私の場合、女の子なら、最初に「扉をあけて」を渡すかなぁconfident

弥沙さん、フォローありがとうございます♪
では、まずは友人のところの、中学生になる女の子に、「扉を開けて」を渡してみようと思います。
たしか私が読んだのも、あのくらいの年齢だったはず…。
うわー、なんだかドキドキしちゃうな~heart02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/58814625

この記事へのトラックバック一覧です: ひとやすみ:私の100冊(5):

« ひとやすみ:私の100冊(4) | トップページ | ひとやすみ:私の100冊(6) »