2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ひとこと通信欄

  • (2017/4/23夜) お話もだけど、読みやすさとか、投稿サイトの使い方とか、いろいろ考え中。でも、ブログでの公開は、なくさないからね。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 作者より:「雨やどり」 | トップページ | ひとやすみ:歌舞伎座「白波五人男」 »

こぼれ話:謎は遠い未来へ…

「遥かな国の冒険譚」の中に現れる謎のうちのいくつかは、この物語の中では解決されません。
たとえば、古代王国レティカの宝剣は、13本セットだったものが散り散りになり、この物語の中に4本出て来ますが、残り9本の所在は明らかになりません。
なぜそういう設定になっているのかは、以前、「こぼれ話:ミルガレーテと黄金の剣 」で少し書かせていただいたとおりです。

今回、「雨やどり」に書いた、西ローレイン(メルザリーン)の国民消失事件についても、やはり似たような事情があります。
メルザリーンの民がどこに消えたのかという謎は、ずっと遠い未来を描くSF作品の中で解決される予定でした。
その物語の主人公はテレパスで、ふだんは星間連合観光局の職員として働いていますが、実は特殊工作員。という、これまたベタな設定のお話。
主人公の名前はジュノリスで、非テレパスである弟の名前はセルアスで…(以下略)。

おそらく、もう、「遥かな国の冒険譚」以外のお話を書くことはないだろう、と思いはするものの。
私の心の中では、ほかの物語も、まだ生きているので。
謎のままの謎があることを、どうか大目に見てくださるよう、お願い申し上げる次第です。

« 作者より:「雨やどり」 | トップページ | ひとやすみ:歌舞伎座「白波五人男」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/59033071

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話:謎は遠い未来へ…:

« 作者より:「雨やどり」 | トップページ | ひとやすみ:歌舞伎座「白波五人男」 »