2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ひとこと通信欄

  • (2017/8/13朝)創作活動が進みません~。少しばかり夏休みをいただきます~。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 人さらいと馬(04) | トップページ | こぼれ話:ブクログのパブーを使ってみました »

作者より:「人さらいと馬」

フルート(ルーク)が連れている馬のことは、そのうちに書こうと思いつつ、これまできっかけがなく、書かずに来てしまっていました。
神馬の血を引くとしてリーデベルク王家に献上された白馬は、献上されたとき、まだ仔馬でしたが、すでに「リーデア」(貴き自由)という名を持っていました。フルートが名づけたわけではありません。
血統のゆえに、長命な馬です。「夏の訪れ」において、セレンと初めて会った10才のフルートが連れていた仔馬はリーデアです。また、この旅が終わってからも、リーデアはずっとフルートの傍らにあります。

漆黒の、かっこいい黒影は、これも何かいわれのある馬に違いありませんが、具体的なことは不明です。黒影の乗り手である、やせた男の正体も不明です。そういうお話です。
旅先で出会った正体不明の馬と乗り手にまつわる、「読み終わって、なぜか気持ちの落ち着くお話」であれば良いなあ、と思いながら書きましたが、いかがでしたでしょうか。

次回はどんなお話にしようかな。誰のお話にしようかな。悩み中です。

→ 目次に戻る

« 人さらいと馬(04) | トップページ | こぼれ話:ブクログのパブーを使ってみました »

コメント

月路さん。お久しぶりです(=^・^=)!
もう少しで落ち着くので読めていなかった分を
まとめて読めるのが楽しみです♪

うさパンさん、
お久しぶりです! ご家族の皆様お元気そうで何よりですhappy01

うさパンさんがお忙しかった間は、例によって、ちまちまとマイペースにお話を編んでおりました。
あっというまに読み終えてしまわれる量しかありませんが、少しでも楽しんでいただけたらいいなあと思います。
おつかれのでないようにご活動くださいね♪ のんびり読みに来てください。お待ちしておりますheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/61260932

この記事へのトラックバック一覧です: 作者より:「人さらいと馬」:

« 人さらいと馬(04) | トップページ | こぼれ話:ブクログのパブーを使ってみました »