2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ひとこと通信欄

  • (2017/5/11夜) 春って、あわただしく過ぎて行くものなのですね。でも、ようやく身辺が落ち着いて来たような気がします。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« さまよう人形(01) | トップページ | さまよう人形(03) »

さまよう人形(02)

 簡単に夕食をとった後、彼らは、ひとりずつ寝室を割り振って、手燭を持ち、おやすみを言いあって引き上げた。
 セレンが、自分に割り当てられた1階の部屋に入ると、そこには机と椅子とベッドと、大きな鏡があった。なるべく鏡のほうを見ないようにして――恐ろしげなものが映りそうな気がしてならない――、セレンは灯を机の上に置いた。
 ふと見ると、足元に、赤ん坊くらいの大きさをした人形がひとつ、うつぶせに転がっている。おさげ髪でスカートをはいた、布製の人形のようだ。セレンはおそるおそる、人形を拾い上げた。当然のことだが、べつに怖い顔ではなかった。縫い付けられた2つのボタンが目になっており、赤い糸で縫い取られた大きな口は笑っている。子供が作ったのだろうか、少しバランスが悪いが、それだけだ。セレンは、人形を机の上に座らせた。
 窓辺に行き、きちんと窓が閉まっていることを確かめ、戻って来たとき、しかし、彼は目を疑った。机の上に置いたはずの人形が消えている。床を見回しても、落ちていない。背後でキーッと音がして、びくっとして振り返ると、部屋の戸が細く開いていた。入って来たとき、確かに閉めたはずなのに・・・。
 戸口に向かおうとして、さらに、ぎょっとした。戸の隙間から、人形が覗いていた。さっきの人形だった。丸いボタンの目。いびつに笑っている口元。セレンが金縛りにあったように見つめていると、人形は、覗くのをやめて姿を消した。
 早く、戸を閉めてしまおう! あわてて扉に取りついたとき、部屋の外を通り過ぎた人影があって――
「ゼ・・・ゼラルド?」
 心細かったセレンは、思わず呼び止めた。灯を持って行き過ぎかけていた黒髪の若者は、足を止めて振り返ってくれた。セレンは悪夢から覚めたような気持ちになりながら、
「人形が・・・、そのあたりに・・・」
「人形? どこに?」
 不審そうな顔。セレンが扉を開けて廊下を見てみると、たしかに、人形は影も形もなかった。奇妙な沈黙が落ちた。
「・・・もし、門番の言うような不思議なことが起こったとしても」
と、ゼラルドは静かに言った。
「この屋敷に住む霊に、人に害をなすほどの力があるとは思えない。何か伝えたいことがあるくらいだろう。そして」
 冷ややかな微笑。
「フィリシアの部屋には念のための魔除けを施して来たが、君などのために術式を張る気はない。おやすみ、セレン」
 ゼラルドはそのまま、興味を失ったように向きを変え、歩き去ってしまった。
 溜息をついて、セレンは扉を閉めた。部屋の中に戻ろうとして、「わっ」と声をあげて後じさり、ドアに背をぶつけた。目の前に、くだんの人形が笑顔で浮かんでいた。

« さまよう人形(01) | トップページ | さまよう人形(03) »

コメント

セレン・・。
人形は何を伝えたいのかなあ・・。
続き楽しみにしています(=^・^=)☆

うさパンさん、
コメントありがとうございます♪

「幽霊なんかいない」と自分に言い聞かせながら、本当は心霊現象を恐れているセレン。
彼は、人形のメッセージを受け取れるのでしょうか。見守ってやってください☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/61504751

この記事へのトラックバック一覧です: さまよう人形(02):

« さまよう人形(01) | トップページ | さまよう人形(03) »