2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとこと通信欄

  • (2017/12/11朝)また休日出勤などあったので、本編進んでおりません…。ふえーん…。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« ひとやすみ:ゲーム音楽の演奏会 & トーナメント結果 | トップページ | 進捗状況報告(2015/07/20) »

こぼれ話:ハンバーガー(?)の食べ方

「遥かな国の冒険譚」において、食事シーンは、たまに出て来ますけれども、それほど細かく書きこんでありません。
これが重厚な「ファンタジー」だったら、そのものがありありと目に浮かぶような具体的な描写が望ましいように思うのですが、半分「メルヘン」なので。
単に「食べもの」「飲みもの」と書いて、いかようにでも想像していただくのが、私の望みなのです。

それはそれとして。
主人公たちは、みな育ちがいいので、食事のしかたは大変きれいです。
が、一般人を装っているときに、町の食堂で、パン(あるいはパンに似た何か)に色々はさんだ、オープンサンドもしくはハンバーガーみたいなものが出て来たら、どう食べるかといいますと。
ルーク:何の気負いもなく、大口をあけて、かぶりつきます。
フィア:すこし躊躇したあと、意を決して、あーんと口をあけて、かじりつきます。
セレン:器用に一口サイズに千切りながら食べます。手が汚れるのを嫌がりながら。
ゼラルド:このひとも一口サイズ派。こっそり指先で術を使って切り分けている模様。

いずれ、このへんの様子については、お話の中でちゃんと書けたらいいな、と思います。
当面は予定がないので、今日のこぼれ話ですhappy01

« ひとやすみ:ゲーム音楽の演奏会 & トーナメント結果 | トップページ | 進捗状況報告(2015/07/20) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/61903179

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話:ハンバーガー(?)の食べ方:

« ひとやすみ:ゲーム音楽の演奏会 & トーナメント結果 | トップページ | 進捗状況報告(2015/07/20) »