2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ひとこと通信欄

  • (2017/4/23夜) お話もだけど、読みやすさとか、投稿サイトの使い方とか、いろいろ考え中。でも、ブログでの公開は、なくさないからね。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« こぼれ話:ちゃんりおメーカーでキャラメイク | トップページ | こぼれ話:半分くらい…? »

通販サイトのご案内

お小遣いと相談しながら、電子書籍に表紙をつけて、印刷に出して、小冊子にしています(A5版)
当初、ご希望の方に無料でお配りしておりましたが、メールアドレスを交換したり、送料分の切手を郵送していただいたりと、何かとお手数をおかけしてしまっていましたので、いっそ通販方式とさせていただくことにしました。
(というわけで、元々このページには冊子入手までの複雑な手順が書いてありましたが、通販サイトのご紹介に書き替えました。)

2017年3月6日現在、すべて 100円でお分けしております
「あんしんBOOTHパック(ネコポス)」でお届けするため、送料として全国一律 310円 をご負担いただきます。
「あんしんBOOTHパック」を使うことで、発注者も発送元も、お互いに個人情報を知らせずにやり取りを行うことができます

通販サイトは→ こちら です。
冊子はそれぞれ部数に限りがありますので、あらかじめご了承ください☆

ご参考: 印刷して冊子にしたことのある電子書籍は次のとおり。

« こぼれ話:ちゃんりおメーカーでキャラメイク | トップページ | こぼれ話:半分くらい…? »

コメント

こんにちは、そしてすみません、出遅れましたァァ!!
まだ、在庫ありますでしょうか…? 「風に揺れる花の中で」ありますか?
すみません、一ヶ月前の記事に今頃…(大汗)
私ほんっと、根っからの執着オタなもんで、ひとつにハマるとそれだけに全身ずっぽり浸かっちゃうから、なかなか周りを見渡せなくなるのが悪いとこでして……。
もう在庫がなければ、諦めます。もし、まだあれば、取り寄せ希望させてください。
お手数おかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。
(もう在庫がなければ、こちらのコメに「ない」と一言くだされば充分です。その際はメールでの返信は不要ですので、お気遣い等なさらずにお願いします)

のんさん、
コメントありがとうございます♪

大丈夫、まだありますよ~happy01
第一陣を配り終わったあとにこの記事を書いたので、ぜんぜん余裕です!

薄っぺらい小冊子ですけど、すべすべで綺麗で気持ちいいですよheart
今日はもうこんな時間なので、明日メールをお送りしますね。
おやすみなさい☆

月路さん

「夜を超えて」
一冊お願いしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

montiさん、
お申込みを受け付けました!

ご記入いただいたメールアドレスに、のちほどメールをお送りしますね。
どうぞよろしくお願いいたします♪

雪村さん、こんばんは!
先日は有難うございました^^

遅くなってしまいましたが
「風に揺れる花の中で」「夜を越えて」それぞれ1部ずつ
可能でしたらお取り寄せをお願いしたいと思います~

お手数をおかけ致します、よろしくお願いします^^

なぎさん、
こちらこそ、ありがとうございました(^^♪

お申し込みを受け付けました。
のちほどメールさせていただきますね。
どうぞよろしくお願いいたします☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/62103002

この記事へのトラックバック一覧です: 通販サイトのご案内:

« こぼれ話:ちゃんりおメーカーでキャラメイク | トップページ | こぼれ話:半分くらい…? »