2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ひとこと通信欄

  • (2017/8/13朝)創作活動が進みません~。少しばかり夏休みをいただきます~。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 作者より:「滝遊び」 | トップページ | 風の贈りもの(トーナメント参加用) »

こぼれ話:筋道の、道しるべ

貴重なご意見をいただきました。
「呪いを解く為の鍵とか、ひとつひとつ克服していく具体的な試練などが、ぼんやりとでも示されると読者として、筋道が立てやすい気がします」
ありがとうございます! 本当にそうだと思いました!
が、しかし…。「段階を踏んで乗り越えて行く試練があるけど、見せてない」なら修正しやすいのですが、そういう種類の試練は、実は無いのです。本来なら、最初に物語の構想を立てるときに当然組み込んでしかるべき要素かと思います…、申し訳ありません。
呪いを解く鍵は、「始まりの物語」に示されている、あれが全てですし、いずれ彼らが直面する試練は、いっぺんにドカッと来る試練なので、「そのうち試練が来る」ことを仄めかすくらいしかできなくて。
マイルストーン的なイベントの連なりを、これからでも用意したほうがいいかしら、とも考えましたが、物語の半分を書いちゃった後なので、ちょっと厳しいです…が、引き続き検討はしようと思っています。隙あらば組み込む感じで!

それはそれとして、冒険譚の基本的イメージは、次のようなものです。
「世界各地の民話と伝承を集めていたら、なんだか、数人の、特定の人物にまつわる話がいっぱい混ざっているような気がした。
それで、意識して、該当すると思われる話を探したり選んだりしていたら、もう、絶対そうだとしか思えなくなった。
各人の性格も分かって来て、頭の中で動き出して、互いに会話して、これはもう、物語にせずにはいられないよ!」
いかがでしょう。そう聞くと、断片の寄せ集めのような構成も、今までより少し、得心が行く方がいらっしゃるでしょうか。

また、少しでも読者の方の助けになるように、「筋道を立てる」のに多少なりとも使えそうな要素について、挙げておこうと思います。
ひとつめは、季節。
何度かお話したこともありますが、彼らの冒険は、春に始まり春に終わる、約1年の旅です。(聖泉は「世界の果て」と言われていますが、意外と近いですねsweat02
なので、季節の描写が出てきたら、「まだまだ旅の序盤だな」とか「もうすぐ解呪の聖泉に辿りつきそう」とか、旅の進み具合について見当を付けることができます。
ふたつめは、人間関係。
「ミルガレーテの人見知りが解けて来たみたい」とか、「セレンてば、そんなことまでゼラルドに喋っちゃうんだ」とか、旅が進むにつれて、各人の距離感が少しずつ変わって行きます。これにより、時間の経過と、それに伴う変化を意識することができます。
いえ、ふたつとも、時間的な目安を示すだけで、「筋道」っていうのはそういうことじゃないんだよ、と言われれば、おっしゃるとおりなのですが。
それでも、物語の進行に関する手がかりが何もないよりは、今ある何かを手がかりにしていただけたら良いな、と思いました。

分かりづらいこともあると思いますが、こんな道しるべを見ていただいて、お話が「あ、進んでる」と感じていただけたら、嬉しいと思います。
どうぞよろしくお願いいたしますclover

« 作者より:「滝遊び」 | トップページ | 風の贈りもの(トーナメント参加用) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/62348428

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話:筋道の、道しるべ:

« 作者より:「滝遊び」 | トップページ | 風の贈りもの(トーナメント参加用) »