2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとこと通信欄

  • (2017/12/11朝)また休日出勤などあったので、本編進んでおりません…。ふえーん…。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 聖なる森(13) | トップページ | 冊子ができたよ!「夜を越えて」 & トーナメント優勝のご報告 »

作者より:「聖なる森」

うちの冒険譚らしい、メルヘンとファンタジーの中間にあるお話です。
このくらいの長さを書くのは、2年前に書いたゼラルドの「逃避行」以来です。
よろしければ、一言二言、ご感想をいただけると嬉しいです。

そして、文中にあるとおり、これは帰り道の物語。
勘の良い方は、途中でお気づきになったかもしれません。
フィリシアは別行動しており、この時期のフィリシアのお話に、「あかずの扉」があります。

次に何を書くかは未定です。
いつものように、雑談しながら考えようと思います。
でもきっと、ゼラルドの話か、フィリシアの話になるよね、たぶんね。

« 聖なる森(13) | トップページ | 冊子ができたよ!「夜を越えて」 & トーナメント優勝のご報告 »

コメント

芯にあるものが好き・・と
前回書きましたが・・
正義・勇気・優しさ・強さ・・
「大丈夫」を感じています(=^・^=)✿

こんばんは。

長編の連載、お疲れさまでした(*^ー゚)b
今 ほっと、一息つかれていることと思います。

今回は、まるでシェイクスピアの心理劇を見ているような気がしました。
困難な旅を通じて 強い絆で結ばれた青年達の物語でしたね。

帰りの旅ということは・・・
彼らは無事 めでたく最初の目的をはたせたのでしょうかbook
早く読みたい気になりますが・・
じっと我慢して待つことにいたしますconfident

うさパンさん、
コメントありがとうございます♪

ああ、そうですね。
読んでくださる方や自分自身に、「大丈夫」を伝えたくて書いているのかもしれません。
明るいほうに向かって咲こう、そんな気持ちですconfidentheart04

montiさん、
コメントありがとうございます♪

なるほど! montiさんらしいご感想ですね。
たしかに、特別な森と精霊たち、という舞台設定は、どことなく「真夏の夜の夢」などと通じるところがありそうです。
シェークスピアには足下にも及ばないながら、詩情を感じていただけたなら嬉しいですhappy01shine
旅の仲間たちの解呪と試練については、あせらずゆっくり書いて行こうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/62554893

この記事へのトラックバック一覧です: 作者より:「聖なる森」:

« 聖なる森(13) | トップページ | 冊子ができたよ!「夜を越えて」 & トーナメント優勝のご報告 »