2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとこと通信欄

  • (2017/12/11朝)また休日出勤などあったので、本編進んでおりません…。ふえーん…。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 人魚の歌(05) | トップページ | ひとやすみ:名探偵コナン×ライブミステリー 洋上の迷宮に行ってきた! »

作者より:「人魚の歌」

あらかじめ進捗状況でお知らせしていたとおり、今回は旅の終盤の、シリアスなお話を書かせていただきました。
「えっ、このお話、ここで終わりなの?」と思われた方も多いかと思いますが、すみません、この続きを書くのは当分先になります。
さしあたっては、何事もなかったかのように時間を巻き戻して、旅の序盤や中盤を埋めていく予定。
ただ、これまでに書いてきたお話を時系列順に並べた記事を、近々書こうと思っています。3つめの目次になるかも?

さて、「人魚の歌」は、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、人魚姫の童話をうっすら透かして書きました。
人魚姫の童話の中で、人魚姫は声と引き換えにして足を手に入れ、人魚姫の姉妹たちは長い髪と引き換えにしてナイフを手に入れます。もし人魚姫がそのナイフで王子を刺し、その血を浴びることができれば、人魚姫は元通り、人魚に戻れるのです。
結局、人魚姫はそのナイフを使うことができなかったわけですが。
白い人魚は、人魚姫と一番仲の良かった姉妹なら、というイメージで書きました。

フィリシアが白い人魚に贈ったガラスの人魚は、どこから出て来たのかと首をかしげる読者の方もいそうですが、遠い記憶を手繰り寄せていただいて、「華飾の町」で宿屋の主人からフィリシアが受け取ったガラス細工です。ああ、そんなこともあったね!

***

次回の記事は、恒例ブログ村トーナメントへのエントリー記事です。「聖者の護符」を出してみようと思っています。
その次の記事は、作品を時系列順に並べた「こぼれ話」、になるか「目次」になるか、だと思います。作者にも位置づけの難しいお話がありそうなので、暫定版になりそうです。

毎日暑い日が続きますが、皆様しっかり水分補給してお過ごしくださいね。

« 人魚の歌(05) | トップページ | ひとやすみ:名探偵コナン×ライブミステリー 洋上の迷宮に行ってきた! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/64040341

この記事へのトラックバック一覧です: 作者より:「人魚の歌」:

« 人魚の歌(05) | トップページ | ひとやすみ:名探偵コナン×ライブミステリー 洋上の迷宮に行ってきた! »