2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ひとこと通信欄

  • (2017/4/23夜) お話もだけど、読みやすさとか、投稿サイトの使い方とか、いろいろ考え中。でも、ブログでの公開は、なくさないからね。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 辻占い(トーナメント参加用) | トップページ | こぼれ話:フルート(ルーク)を騙すには? »

ひとやすみ:「ブッククロッシング」って知ってる?

創作パワーが湧いて来ない…。
最近、本や漫画を読む時間をちゃんと作れていないから、水や栄養が足りなくて、物語が育たないのかも。
新作は、もう少しお待ちください。

***

今日は「ブッククロッシング」のお話をします。
日本ではあまり知られていないようで、私も最近知ったのですが、ざっくり説明してみると、
「持っている本を公式サイトに登録してIDをもらい、そのIDをラベルに書いて、本に貼る。
→ その本を、わざとどこかに置き忘れるなどして、誰かに手に取ってもらう。
→ 本を見つけた人は、自由に読んで、読み終わったら、また次の誰かに渡す。
(ラベルに書かれたIDを公式サイトに入力すれば、感想を書き込んだり、今までに書き込まれた感想を見たりすることができる。)」

という仕組みになっています。

自分の持っている本を、知らない人の手に渡るようにするのは、なるほど面白そうですが、本を手放す決意が要るし、ちょっと敷居が高いかも。
でも、本を手放すまでしなくても、「よく人に貸す本」を登録してラベルを貼っておくだけでも、気の向いた人に感想を書いてもらえたら面白いのではないか、と思いました。
ちょこちょこと、人に貸す本にラベルを貼ってみようと思います。
読む人の重荷にならないように、感想の登録は任意である旨、説明を書いておこう。

ブッククロッシングの公式サイトは → こちら (日本語も選択できます)。
小説でも漫画でも、ISBN番号のついている本なら、何でも登録できます。
逆に、同人誌等は登録できません。
興味のある方は、公式サイトで説明を見てみてくださいね☆

« 辻占い(トーナメント参加用) | トップページ | こぼれ話:フルート(ルーク)を騙すには? »

コメント

知りませんでした。
そんなユニークなものがあるなんて☆彡
なんだか冒険の世界の始まりみたいでもあるけれど
なかなか実現には勇気もいりますね。

ホシノさん、
コメントありがとうございます♪

わざと本を置き忘れて来るやり方を「ワイルドリリース」といって、これが一番ドキドキしそうです。
他にも、知人から知人へと、人の手を渡っていくようにしたり、あらかじめ決められている交換場所に置いたりする方法があって、こちらは「コントロールリリース」と言います。

日常生活のすぐそばに、ちゃんと冒険が存在しているんだなあと思うと嬉しいですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/64767943

この記事へのトラックバック一覧です: ひとやすみ:「ブッククロッシング」って知ってる?:

« 辻占い(トーナメント参加用) | トップページ | こぼれ話:フルート(ルーク)を騙すには? »