2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 旅へ(09) | トップページ | 作者より:「旅へ」 »

旅へ(10)

 姫君は、王子の傷に布を当てながら、
「ごめんなさい。私が旅に出ることは、限られた人しか知らないはずだったの。なのに、悪い人たちに狙われていたなんて。どこから漏れたのかしら」
「漏れてはいないさ。彼らは、君が誰かを知らなかった」
「え? それなら、どうして」
「君がここまで来るあいだに――」
 フルートは言いかけたが、セレンが割り込んだ。にこにこと、
「気にしなくていいよ、フィリシア。もう片付いたから、先へ行こう」
「そう? そうね・・・」
 応じながら、フィリシアは、なんとなく気になって、遮られた王子の言葉の続きを考えた。私がここまで来るあいだに? 目を付けられた? どうして? いいえ、もちろん、
 ――見れば身分の高い者だとわかったからだ。騎士たちと侍女を連れて――!
「・・・私の覚悟が足りなかったから」
 フィリシアは青ざめて、口に出して言った。そうだ、覚悟だ。ピクニックに行くのとは違う。命を奪う呪いを解くために、命を賭けて聖泉まで辿り着かなければならないのだ。
「そのせいで、あなたに怪我をさせて・・・ごめんなさい・・・!」
「違う」
と言って、フルートはフィリシアの両肩をつかんだ。
「君が手に入れたのは、旅という名の自由だ。セレンやぼくが同行するのは、自分たち自身の自由のためであると同時に、ぼくたちなら君の自由を守れると思うからだ。悲壮な覚悟は必要ない。君はこれから」
 表情をやわらげて、目元で笑った。
「世界の果てまで遊びに行く。それだけだ」
 フィリシアは、相手の澄んだ青い瞳に吸い込まれそうに感じながら、繰り返した。
「遊びに行く・・・」
「そう。一緒に遊びに行こう、と、ぼくが迎えに行けば良かった。謝るのはこちらのほうだ。すまない」
 また泣きそうな顔になったフィリシアを見て、フルートははっとした顔をして、あわてて姫君の両肩から手を放した。
「ごめん!」
「ありがとう」
「え?」
「よろしくね」
 フィリシアは、うるむ瞳で笑った。大丈夫、きっと、大丈夫だ。このひとたちとなら、心が通う。旅と言う名の自由には、本当は覚悟も必要だけれど、それはめいめい胸の奥にしまって、世界の果てまで、遊びに行こう。
 セレンが長い髪をかきあげながら、優しい笑顔で、
「こちらこそ、よろしくお願いします、フィリシア」
と言ってくれる。フルートも、ほっとしたように笑って言う。
「では、行こう」
 聞いて、ゼラルドが無言で馬に戻り、それを合図に、みな再び馬上の人となった。

 ――こうして、彼らは出発したのだった。
 世界各地で後世に語り継がれる、あの冒険の旅へと。

(完)

« 旅へ(09) | トップページ | 作者より:「旅へ」 »

コメント

これが旅の始まりなのですね。
また、さかのぼって読み返そうっと。happy01

kayokoさん、
コメントありがとうございます♪

そうなんです、これが旅の始まり、4人が揃ったときのお話なんです。
やっと書けましたーーー!
左サイドバーに、「時系列順リスト(ご参考)」がありますので、
他のお話を読み返すことがありましたら、よろしければお使いくださいbook

始まりの物語。
とても良かったです♡
フルートの男らしい懐の深さにも
グッときました。

ホシノさん、
コメントありがとうございます♪

連載中、ずっと背中を押してくださって、ありがとうございました。
いままで書きたくて書けなかったものを、やっと書ききれました。

フルートは、器の大きいところと、やんちゃな少年みたいなところと、混ざってるのが彼らしさなのかな、と思います。
登場人物みんなの良いところを見つけてくださるホシノさんの優しさに感謝!ですconfidentshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/64944764

この記事へのトラックバック一覧です: 旅へ(10):

« 旅へ(09) | トップページ | 作者より:「旅へ」 »