2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ひとこと通信欄

  • (2017/8/13朝)創作活動が進みません~。少しばかり夏休みをいただきます~。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« ひとやすみ:ミステリー・ザ・サード2017「一二三発見伝」で銀バッジ♪ | トップページ | こぼれ話:手の大きさ »

こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(フィリシア)

昨日までモノクロだった世界が、今日はフルカラー。
そういう、「この時を境にして、世界が変わった」という体験を、多かれ少なかれ、みなが経験するのではないでしょうか。良い方向にであれ、悪い方向にであれ。
お読みいただいている冒険譚の主人公たちも、それぞれに、世界に対する認識の変容を経験しています。
今日は、フィリシアのことを少し。

フィリシアは、まだ小さい、5歳くらいのときに、「妖精の首飾り」で語られたエピソードによって、世界が変わりました。
それまでの彼女は、とても体が弱い子供だったので、すぐに疲れたり熱を出したり咳き込んだりして寝込むことが多く、生きることの難しさを肌身に感じていました。ただ、愛情に満ちた恵まれた環境にあったので、「わたしがいなくなったらお父さまやお母さまが悲しむから、がんばって今日も生きよう。そう思えるわたしは幸せな子供ね」と思っていました。
「妖精の首飾り」で健やかな体を手に入れたとき、彼女は「生きることの容易さ」に驚くことになります。体が軽い。歩いても疲れない。お外で走るのって気持ちいい!
彼女が喜んで跳ね回って遊ぶのを、王と王妃も嬉しく眺めたので、あまり王女らしからぬ遊び(木登りとかね)も、うっかり許されてしまい、それで、フィリシアの少々おてんばな一面が育つことになります。
ちなみに、その後、フィリシアには弟が生まれます。なかなかお話に出してあげられない、心優しく姉思いのリュシオン王子のことも、いずれ取り上げてお話する機会があったらいいなと思います。

« ひとやすみ:ミステリー・ザ・サード2017「一二三発見伝」で銀バッジ♪ | トップページ | こぼれ話:手の大きさ »

コメント

リュシオン王子
楽しみにしています。
フィリシアに容貌は似ているのかしら・・
などなど
想像が膨らみます☆

ホシノさん、
こちらにもコメントをいただき、ありがとうございます♪

フィリシアとリュシオンは、6歳くらい、年が離れています。
二人とも、生来の気質が穏やかで優しく、母親ゆずりの青い髪・青い目をしています。
仲が良く、あまりドラマチックなエピソードは無さそう…coldsweats01
でも、「弟がいる」ことはフィリシアの性格に影響を及ぼしていると思うので、いつか、そのへんがわかるようなお話を書けたらいいなあと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/65086447

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(フィリシア):

« ひとやすみ:ミステリー・ザ・サード2017「一二三発見伝」で銀バッジ♪ | トップページ | こぼれ話:手の大きさ »