2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ひとこと通信欄

  • (2017/5/11夜) 春って、あわただしく過ぎて行くものなのですね。でも、ようやく身辺が落ち着いて来たような気がします。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(フルート) | トップページ | こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(ゼラルド) »

こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(セレン)

お仕事が忙しくて、こぼれ話ばかりですが、ご容赦を。
今日はセレンの話。

親に言われるまま勉強ばかりしている、心の冷えた少年だったセレンの目に、世界というものが真新しい意味を持って映るようになったのは、そう、彼が森の中で偶然フルート(ルーク)に出会ったときからでした。
年齢でいうと、11歳のとき。たしかに、友達の影響を受けやすい年頃でもあります。

自分より年下ながらカリスマ的な資質を備え、明るく美しく表情豊かで、身分という秘密を抱えた友達の出現に、セレンはすっかり心を奪われました。セレンの世界は、突然現れたこの太陽によって、急に色彩にあふれた賑やかなものになりました。
フルートと共にあることで、セレンは自分自身の「楽しい」「嬉しい」「悲しい」といった感情に気づくようになりました。のちになってセレンは、フルートに出会うより前の自分のことを、人形のように感情が乏しかったと思うようになります。

何年も一緒に過ごすうちに、二人の間柄は、より静かで確かな友情の絆に変わっていきますが、知り合った当初にいろいろと、かっこわるい恥ずかしい言動を見られてしまっているので、セレンはフルートに対しては、あまり取り繕うことがありません。
社交的でありながら、人の目を気にする神経質な一面も持っているセレンにとっては、親しい友のいる場所が、すなわち「世界の中心」なのかもしれません。

« こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(フルート) | トップページ | こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(ゼラルド) »

コメント

とても感動的なエピソードですね。
自分が11歳くらいで
多感な頃を思い出します。

ホシノさん、
コメントありがとうございます♪

私も、そのくらいの年頃のとき、クラス替えや転校があるたびに、周りの空気が様変わりして感じられたのを思い出します。
子供には子供なりに、世界があって、社会があって、政治もあって、大変なのですよね。
セレンが自分の居場所を見つけることができて、良かったな、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/65129529

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(セレン):

« こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(フルート) | トップページ | こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(ゼラルド) »