2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(セレン) | トップページ | ひとやすみ:マストドンとかピクシブとか »

こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(ゼラルド)

ゼラルドの場合、世界の生まれ変わりは、他の仲間たちより遅く訪れました。
幼いときに母を亡くしたときも、父王が再婚したときも、義妹の執着が少しずつ病んでいったときも、ゼラルドの世界は「じわじわと」暗く狭くなり、昨日と今日とは常に地続きだったからです。

リオンが従者として来てくれたときも、ゼラルドが国を出ることを決意したときも、昨日と今日とはやっぱり地続きでした。いったいどうして、これほどに、のっぴきならない閉ざされた生きざまになってしまったのだろうかと、彼は時々自問したものでした。
過去のどの時点においても、悩みながら、最良と思われる選択をしてきたのに、袋小路に迷い込み、あとは彼自身が消え失せるしかない…。

そのような状況でしたから、彼を取り巻く世界が劇的に変化したのは、そう、ミルガレーテの力を借りて空間を跳躍し、リーデベルクの王家の森で力尽きているところをフルートとセレンに助けられ、三日三晩眠り続けたのちに目覚めて、自らが遠い内陸の国に辿り着いていると知らされたときでした。
見知らぬ土地で、見知らぬ人々に囲まれ、内陸の言葉で会話しながら、彼はまるで夢でも見ているかのように感じており、その非現実感は、仲間たちと旅に出てからも続きました。
「霧の中」というお話に示されているように、彼にとって、この旅は「奇跡にも似た今」だったのです。
逃避行の前と後で断絶してしまった彼の世界が、ひとつの世界へと統合されたのは、のちに故国に戻ったときのことになります。…まだ語られていない、別のお話です。

« こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(セレン) | トップページ | ひとやすみ:マストドンとかピクシブとか »

コメント

雪村さんの中には
まだここに掲載されてはいない
お話が
涌いているのですね(*^-^*)☆

忙しい中でも
こうして
「こぼれ話」を書いていることに
尊敬も感じます。

ホシノさん、
コメントありがとうございます♪

お話の芽みたいなものがあっても、必ずしも順調に育ってくれるわけではないので、いつも「次は何を書こうかな~」と考えこんでしまいます。
仕事は少し落ち着いてきました。創作したり、テレビを見たり、他のことして遊んだりしたいですtulip

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/65159316

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(ゼラルド):

« こぼれ話:世界が昨日とは違って見える(セレン) | トップページ | ひとやすみ:マストドンとかピクシブとか »