2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ひとこと通信欄

  • (2017/6/11夜) 「火の鳥」を印刷所さんに入稿する準備をしていたら、ブログの更新間隔が空いてしまいましたー。すこーしお待ちくださーい。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« 予告:「なりゆきの英雄」 | トップページ | なりゆきの英雄(02) »

なりゆきの英雄(01)

 愛馬は軽快に歩いているが、太陽は空高く、もうすぐ真南に届こうとしている。いくらか食べものを持っているし、どこかで休憩しよう。と、思っていたルークは、行く手の道の脇に、白っぽい石碑のようなものが見えることに気づいた。何だろう。
 石碑の近くまで行って馬を止め、降りて、食べものをモグモグとパクつきながら石碑を眺めてみると、人の背丈くらいの白っぽい石でできた碑の真ん中には、一本の立派な剣が浮き彫りにされており、その周りに、何やらルークには読むことのできない文字が、ずらずらと刻まれているのだった。
 文章を解読する気は、さらさらなかった。ルークは、しげしげと浮き彫りの剣を見た。誰か昔の英雄が、このような剣で何かを退治した、その記念碑なのではないか。大きさからみて、本物と同じ大きさに彫り出したように思える。少し重めの両手剣、といったところか。
 そうこうするうちに昼食を食べ終えたので、ルークは馬に戻った。出発しようとしたとき、向こうからロバに乗ってやって来た若者が、入れ違いにロバを降りて石碑に近づいていくので、なにげなく見守った。ひょろひょろ頼りない感じの若者は、痩せた非力そうな腕を伸ばして、浮き彫りの剣に手をかけ、どうやら引っ張っているようだ。ふうん? あれを引っ張ったら、仕掛けが動いて通路でも出て来るのだろうか?
 ルークが、つい、なおも眺めていると、痩せた若者は、「せーの」とか「うーん」とか言いながら、力をこめているようだ。だが、石で出来た剣がぴくりとも動く気配はない。ルークは馬から降りて、若者に歩み寄った。
「なあ、聞いてもいいか?」
「わっ」
 若者は、ぎょっとしたように飛び跳ねた。ルークは謝った。
「おどかしてすまない。気になったんだ。いったい何をやってるんだ?」
 若者は、困ったように笑いながら頭をかいた。
「ああ。うん。実は・・・、あんたは笑うかもしれないけど、夢を見たんだ。今日、太陽が真南にあるときに、この剣を石から取り出すことができるって。夢の中で誰かが教えてくれた。繰り返し、何度も、念を押すように。だから、夢だと分かっていても、試してみるべきだと思って来てみたんだ。けど、どうやら、ただの夢だったみたいだな」
「ふうん」
 ルークは、石碑に彫られた大剣をもう一度見て、
「そうだよな、取り出せそうには見えないよな」
 言いながら、手を伸ばして触れてみた。柄のあたりに手をかけると、
「あ」
 大剣は、あっさり外れて、ルークの手の中にあった。傍らの若者を振り返ると、口をぽかんと開けている。ルークはとっさに、剣を若者のほうに差し出して、言った。
「あんたが取りに来たんだから、あんたが持つといい」
「いやいやいや、あんたが取り出したんだから、あんたが使ってくれ」
 ルークが押し付けようとした剣を、若者は受け取ってくれず、あとじさった。さらに、
「あんたは、剣に選ばれたんだ。そういう縁だと思って、一緒に来てくれないか」
と言う。
「いや、俺、そういう剣は1本もう持ってるから」
 ルークの抗弁は、聞き入れてもらえそうになく。
 仕方ないか。
 あきらめて、ルークは大剣をかついだ。

« 予告:「なりゆきの英雄」 | トップページ | なりゆきの英雄(02) »

コメント

なんだかワクワクしてきましたね~(^_^)v
今後の展開楽しみです♡

雪村さん♪
お忙しい中でも
予告の通り
新作連載開始。
拝読出来てうれしいです☆彡
出だしから
なにやら不思議な剣と
選ばれたルークがどうなるのか
期待が膨らみます(≧▽≦)

まぽんさん、
コメントありがとうございます♪

久しぶりの新作をお読みくださって、ありがとうございます!
全3回(たぶん)の短いお話ですが、よろしくお願いいたします。
明晩(たぶん)に続きを出します。いましばらくお待ちください☆

ホシノさん、
コメントありがとうございます♪

書いている私が楽しいのと同じくらいに、読んでくださる方も楽しんでくださっていたらいいな、と思います。
ルークの人となり、みたいなものを、うまく表せていればいいのですけれど。
明日の月曜日夜に続きを出したいです。少々お待ちください☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/65303814

この記事へのトラックバック一覧です: なりゆきの英雄(01):

« 予告:「なりゆきの英雄」 | トップページ | なりゆきの英雄(02) »