2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ひとこと通信欄

  • (2018/06/14夜) 「始まりの物語・風の贈りもの」を、来月あたり印刷に出そうと思います。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

« こぼれ話:勝負しろ | トップページ | ずっと前の花火 »

朽ちた館にて

彼の愛馬は、神馬の血を引いており、疲れを知らず、夜目も利く。
暮れた空には月が明るく、行く道を照らしてくれている。
それで、彼は休む場所を探しながら、道なりに馬を歩ませていた。
しばらく行って、古びた屋敷を見つけた。ひどく荒れ、住人はなさそうだ。
一晩休めるようなら、屋根を借りることにしよう。
彼は、馬を降りて門につなぎ、中に入った。

不思議な花の香がする。
蜘蛛の巣を払いながら進み、ドアを開けて入った部屋では、破れた窓から差し込む月光に、天蓋付きの寝台が浮かび上がっていた。
なにげなく近寄って、息をのんだ。寝台には、美しい姫君がひとり、薄い衣を身にまとった姿で寝息を立てていた。透けて見える、豊かな胸、くびれた腰、ほっそりした足……。
なまめかしい半裸の女性を見て、ドキリとしないわけがなかった。だが、何かが彼に危険を告げていた。そして、彼は自身の直感に、今まで裏切られたことがなかった!

迷わず、きびすを返した。背後から、目を覚ましたのか、甘い声が追ってきたが、かまわずに玄関を抜け、馬をほどいて飛び乗った。
「待って、愛しい人。あなたを待っていたのよ。行かないで……」
声とともに、細く長く白い、女の腕のようなものが追って来るように感じられたが、
「ああ、いまいましや。神馬の血族を操るか……」
馬を駆るうち、声は背後に遠くなり、やがて聞こえなくなった。

明け方頃、小さな町に着いた。
朝になって、食べものを調達しながら、それとなく話を聞いてみた。
あの打ち捨てられた屋敷には、時折、人の血を吸う姫君が現れるため、今は誰も近寄らないのだという。
それでは首を落としておいたほうが良かったのだろうか。そう思いかけたが、すぐに気が変わった。
つまり、あの姫君と彼とは、そういう巡りあわせではなかった、それだけのことだ。あるいは誰か運命に選ばれた者が、呪われた姫君を救い出さないとも限らないだろう。
姫君のことを考えるのをやめて、旅を続けることにしよう。
あの姫君が待っているのは、姫君としては残念かもしれないが、彼ではないのだから。

(完)

« こぼれ話:勝負しろ | トップページ | ずっと前の花火 »

コメント

月路さん今晩は。
ご無沙汰しています…

ヤーンの紡ぎ出す運命の糸
残念ながらヴァンパイアプリンセスとは
一線を越える事も一戦を交えることも無かったんですね。

彼女を滅するのか、救うのか?運命の人は何処…
すれ違うだけ、交わらない出会いもまた、それも縁ですね…

吸血姫…
最近は原作やアニメでオーバーロードを見てるので
イビルアイやシャルティアか思い浮かびましたw
アルスラーン以降久々にアニメのほうが(脚本やアニメ用追加キャスト含め)
原作を上回る良作でした。

最近はDlifeでCSIオリジナル/NY/マイアミやBONESを視聴するのが日課です。
BONESは検死のノウハウが勉強になるのですが、CSIは機器とか、調査手法が
すごく稀に。期待したメンタリストはドラマとしては面白いですが
ミスディレクションのテクニックとか皆無でネタを仕入れるのは向かないです。
ミステリーやサスペンス執筆のモチーフになるネタを収集中です。

ではまた

とり3さん、
こちらこそご無沙汰しております。コメントありがとうございます♪

朽ちた館に棲む「美しい姫君」については、読む方のお好みによって、可愛らしかったり、クールビューティだったり、悩殺セクシーダイナマイトだったりするのかな、と想像して、私も楽しいですhappy01

アニメのオーバーロードは、1期をやっていたときに見たことがあります。シャルティアちゃん可愛いですよね。
海外ドラマは、見たいと思いつつ、なかなかそこまで手が回りません。BONESもメンタリストも評判が良くて気になっていますし、Game of Thrones も見たくて少し録画してあります。
読みたい本もたくさんあって、ミステリだと、「その可能性はすでに考えた」とか「涙香迷宮」など、話題の本が文庫化されたので読みたいです。

時間はいくらあっても足りないですねcoldsweats01
とりあえず、連休中は創作をお休みしてしまったので、何か書きたいなあと思います!bookpencil

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568827/66633000

この記事へのトラックバック一覧です: 朽ちた館にて:

« こぼれ話:勝負しろ | トップページ | ずっと前の花火 »