2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

カテゴリー「文化・芸術」の9件の記事

表紙が出来たよ!「火の鳥」

ふっふっふ。
イラストレーターの池田優さんに依頼していた「火の鳥」の表紙が、先週、出来上がりました。
画像を貼りますよ~。 じゃーん! なんという美しさ・・・!

Photo

お小遣いをこつこつ貯めて、発注してから1年待って、良かった・・・。報われた・・・。
皆様も、ご感想などありましたら、お聞かせいただけたら嬉しいです。ドキドキ・・・heart02

いつもの冊子は、印刷会社を変える予定なので、少しお時間かかります。しばしお待ちを。
また、久しぶりに電子書籍で「火の鳥」を読もうかな、という方がいらしたら → こちら へ♪

わーい、わーい、うれしいなhappy01shine

ホシノココさんの個展に行ってきたよ♪

福島県郡山市のギャラリー喫茶ポプラさんで開催されていた、ホシノココさんの個展に、最終日に行って来ました。
ココログ仲間のホシノさんに実際にお会いするのは初めてでしたが、思い描いていたとおりの、優しい素敵な方でしたlovely

会場の雰囲気も、親しみやすくて、あたたかくて。BGMに、モーツァルトのピアノ曲がかかっていました。
原画やポストカードがたくさん置いてあって、ゆっくり拝見しました。
幻想的な青い絵や、かわいらしい猫の絵や、やさしい花の絵や、すがすがしい風景画など…。
なかでも、私が一番好きだったのは、「白い馬」という絵でした。もうお譲り先が決まっているとのことで、その前に原画を見ることができて良かった! 迷わずポストカードをお迎えしました。

「白い馬」

郡山は少し遠かったけれど、夫も一緒に行ってくれたので退屈しなかったし、ホシノさんご夫妻とお話しできて、魅力的な絵をたくさん見られて、アットホームな雰囲気でランチもいただけて、楽しい時間を過ごすことができましたshine
絵って、いいですね。これからもホシノさんを応援します!happy01

ひとやすみ:ホシノココさんの個展に行くよ♪

ココログ仲間で、画家のホシノココさんが、福島県郡山市で個展を開催中です。
なんとか都合をつけて、会期中に見に行くんだ!(11/12までです。)

ホシノさんのブログの関連記事は こちら

個展会場であるギャラリー喫茶ポプラさんのホームページは こちら

福島民友社さんの新聞には、「幻想的なアクリル画」として、カラー写真で記事が載ったそう。

ホシノさんの絵を生で見るのは初めてなので、とても楽しみです!happy01heart04

ひとやすみ:魅力的なイベントあれこれ(2016年5月)♪

今週末は、おもしろそうなイベントが目白押し。
私はスケジュールが合わなくて行けないけれど、「どこかにお出かけしたいな~」と思っている方は、こういうの、いかがでしょう。

1.デザインフェスタ

様々な個性を持つクリエイターさんたちが集う、にぎやかなアートイベント。
場所は東京ビッグサイト。
今回、池田優さんや、彩音ちなさんも出展なさるそうなので、お出かけの際は覗いてみて!
ミニサイズの原画や、お洒落なグッズの販売もあります。
通称「デザフェス」。公式ホームページは → こちら  。

2.竜王迷宮からの脱出

ドラゴンクエストとコラボしたリアル脱出ゲーム(謎を解きながら出口を目指す)。
場所は幕張メッセ。
脱出ゲームというものには、たいてい、きつめの時間制限があるものですが、
今回のイベントは「みんなが楽しめる」を合言葉に製作されたもので、ゆっくり楽しめそう。
公式ホームページは → こちら  。
当日券の有無は、前日に発表されるとのことです。

3.東京蚤の市

種々多様なお店が集まって、蚤の市!
場所は京王閣。
「東京北欧市」や「東京豆皿市」や「物々交換の本棚」コーナーもあります。
ぶらぶら歩いて見て回ったら、きっと楽しいよ。
公式ホームページは → こちら  。

***

ああもう、全部1週間ずつずらしてくれれば、全部行くのにさー。
心地よい季節なだけに、イベントがみんな重なっちゃうのね・・・残念。
どれかに遊びに行く方は、あとで感想を教えてください。ぜひ、ぜひ。

表紙ができたよ!「竜王の館(前編)」

池田優さんにお願いしていた「竜王の館」(前後編)の表紙を、少し前に納品していただいて、「すごい、すごい、すごい…!」と興奮していたのですが、まずは前編について、やっと電子書籍への切り出しを完了したので、ドキドキしながら表紙にセットしてみました。

じゃーん!
(スマホ以外の携帯からは見えないかも。ごめんなさい)

絵の奥行き感が、「わあっ…!」という感じです。
問答無用で「かっこいい…!」です。
池田さん、どうもありがとうございます!!

もとになっているのは、池田優さんの代表作のひとつ、「花咲く水底」という作品で、オリジナルは明るい絵です。( → こちら の作品一覧から、ご覧になってみてください。)
それを、「竜王の館」のお話にあわせて編集し、色調を変えたり、雨を降らせたり、館まで入れてくださって、お話にぴったりの表紙を作ってくださったのです。感激です!

いつもどおり無料の電子書籍ですので、お楽しみいただければ幸いです。
後編の絵は、後編のお話を切り出して表紙をセットしてから、またご紹介します。
2枚を別々に見ても、並べて見ても、すてきな一対にしてくださったんですよ。
前編を読みながら、のんびりお待ちください。

印刷も、後編を切り出してから、前後編まとめて印刷しようと思っています。お見逃しなく♪

ひとやすみ:ミニイラストの購入と、スマホ壁紙のこと

イラスト展を見に行って、とても素敵だと思った絵(非売品)が、ミニイラストなら手に入ると知って、喜んで買いました。580円(額付き)。
samanthaさんという方の、「王」というイラストです。
先日、ミンネというサイトで買うことができました。
さっき確認したら、在庫が2点あって、いま販売しているのは【再々々々々々々々販】分。
人気のあるイラストなのですね。

ミニミニサイズでも、やっぱり素敵!
写真はちょっとアレですが(ごめんなさい)、伝わるでしょうか。凛として優しい絵ですheart04
samanthaさんは、オゼロという創作世界の絵と物語を描いていらっしゃるのですが、世界観そのものが、凛として優しいです。
ちなみに、この絵はオゼロの全能神ゾウウさんの絵。
オゼロのことが気になる方は→ samanthaさんのホームページ へ。

王

* * *

それから、スマホの壁紙。
彩音ちなさん「RC」という作品が、無料でダウンロードできる壁紙になっていると知って、さっそくダウンロード。
下の写真はちょっとアレですが(ごめんなさい)、本物の画像はずっとずっと綺麗ですshine
画像サイズは、iPhone用もアンドロイド用もあるので、気になる方は要チェック!
CREATORS BANK ホームページ の「クリエイター」ページを「彩音ちな」で検索し、ちなさんのページの「DOWNLOAD」コーナーでダウンロードできます。(会員登録は必要ありません。)
「WORKS」コーナーでは、ちなさんの魅力的な絵の数々を見ることができます。(会員登録は必要ありません。)

RC
* * *

イラスト展などに行くと、ほんとに「これほしい!」という絵は、たいてい非売品なのですけれど、ミニサイズや壁紙などで、身近に置いておけるのは嬉しいな、と思いますhappy01

ひとやすみ:彩音ちなさんの「歌に捧げる」

一週間、仕事が忙しくて、ブログを更新できずじまいでした。
そうこうしているうちに、11月が終わってしまう…。
年の瀬がやってくる…。

今年のうちに書きたかったお話が、書ききれないままになりそうで、すこし残念です。
でも。でもね!
今年は電子書籍を作って無料公開できたし、その表紙をイラストレーターさんに依頼して描いてもらえたし、さらにそれを、すべすべの冊子にして読者の方にお送りすることもできたから、そう考えると、とてもたくさんのことができました!
今年始めたことは、これからも、細々とでも継続していけたらいいな。

さて、そんなこんなで、池田優さんに表紙を作っていただいたことをきっかけに、最近はイラストレーターさんたちの展示会などにも足を運ぶようになり、様々な画風の絵を見て楽しんでいるのですが。
少し前にそうやって出かけて行った展示会で、とても素敵な3枚組の絵を見かけました。ポストカードくらいの大きさで、3枚おそろいの額に入って飾られていて、可愛くて、綺麗で、通り過ぎては見に戻り、さらに進んではまた見に戻り、さんざんうろついた挙句、とうとう購入を決心。小さな絵だったので、平凡な会社員でも手の届くお値段だったのです。
代金を支払い、展示会が終わったら送ってもらう手続きをして、今日、受け取ることができました。
作者の方から、写真を撮ってブログに載せてもかまわないというお許しを得たので、載せてみます。
彩音ちなさん(「彩音」は「いろね」と読みます)という方の描かれた、「歌に捧げる」 -01 -02 -03。
そのう、撮影が下手で申し訳ありません。ガラスに私が映りこまないように注意しながら撮影したためか、色味が少し…。生の原画は、この写真の100倍綺麗です。もっと鮮やかな色なのよう。

01

03 02

(クリックすると、大きくなります。)
ご覧になって、お気づきになったかもしれませんが、スクラッチ(上塗りを削り取って下地の色を出す)の手法で描かれている絵です。彩音ちなさんは、スクラッチ絵を描くアーティストさんなのです。
お名前のとおり、色彩によって音楽を織りなしていらっしゃるような絵の数々を見ていると、「スクラッチって、こんなに美しいものだったんだ」と、目からウロコが落ちる思いがします。
3枚で1組の「歌に捧げる」は、妹と、実家の母と、1枚ずつ分け合おうと思っていて、どれも素敵で私には1枚を選べないため、冬休みに実家に持って行き、母と妹に選んでもらうつもりです。3枚それぞれ、別のおうちでお迎えするけど、つながっているんだ。

01

(「歌に捧げる-01」を、壁に飾ってみたところheart

池田優さんや彩音ちなさんの個展が開かれることがあったら、他県でも、ぜひ行きたいな、と思います☆

表紙ができたよ!「夜を越えて」

電子書籍の表紙、第二弾が出来上がりましたhappy01 今回は、「夜を越えて」です。
前回に引き続き、イラストレーターの池田優さんの絵を使わせていただいています。
見て、見て、すごく綺麗heart01 (※読み込みに少し時間がかかることがあります)

今回は、新しく描いていただくのではなく、既に描かれていた絵の右半分をお借りしました。
タイトルは「祈り星」。絵の左半分には、とても繊細な女の子が描かれているんですよ。
ご興味ある方は、ぜひ一度、池田優さんのホームページに行って、「祈り星」の全体をご覧になってみてくださいね!

今月末あたりに、印刷に出そうと思っています。
首尾よく小冊子になったら、またお知らせしますwink

表紙ができたよ!「風に揺れる花の中で」

イラストレーターの池田優さんにお願いしていた、「風に揺れる花の中で」の表紙が出来ました!
やっぱり! とっても素敵ですlovely

うれしい…shine 池田さん、ありがとうsign03
いずれ、他のお話の表紙もお願いしたいなあ、と思っています。
電子書籍を作る楽しみが、1つ増えましたnotes

池田優さんに応援メッセージを贈る方は、池田さんのホームページとブログへGo!
F:chocalo (ホームページ)、 F:chocalo (ブログ)