2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

カテゴリー「お知らせ」の35件の記事

通販開始♪「火の鳥」

こぼれ話を書こうとしていたら、印刷所から上がってきました! 「火の鳥」!
早割を使って発注していたので、もっとゆっくりの納品だと思っていたのですが、早割の入稿締切日よりさらに早く入稿したぶん、早く届けてもらえたみたいです。嬉しい。

電子書籍サイトの「パブ―」さんが、お手軽だった印刷サービスをやめてしまったので、今回は「しまや出版さんにお願いしました。表紙の美麗さを損ないたくなかったので、奮発して、オフセット印刷でお願いしました。
原稿を作るとき、ひと手間かけて、表紙の周りに白い塗り残しが出ないようにしました。

箱を開けて感激! 美しい…!
もちろん、イラストレーターの池田優さんが手掛けてくださった表紙が美麗だからなのですが、ぴしっとして、すべすべで、綺麗な色で…!

私の下手な写真ではちょっとあれなのですが、1冊撮影。こんな感じです。
冊子の大きさは、いつもと同じA5版。

火の鳥

そして今回は、本文縦書きです。
表紙をちょろっとめくると、こんな感じ。
(写真ピンボケご容赦sweat02 実物は、くっきり、はっきりしています!)

本文

さっそく、自家通販ページに入庫しました。→ こちら です。
「インターネットで無料で読めるし、表紙も見られる」ことを踏まえた上で、「冊子も手元に置きたいな!」という方がいらっしゃったら、100円+送料でお申し込みください。
配送方法は、個人情報を伏せて注文できる「あんしんBOOTHパック(310円)」の他、郵便の「スマートレター(180円)」も使えるようにしましたので、商品を選ぶとき、よくご確認くださいね。
なお、近い将来に私と会う予定のある方は、私が持参しますから、お申込みは不要です。

品切れにならないように刷ったつもり! 綺麗に出来上がって、良かった!
とりいそぎ、ブログを読んでくださっている皆様に、最初にご報告させていただきましたshine
いつもご愛読ありがとうございますheart04

なお、「火の鳥」ってどんなお話だっけ、という方は → こちら へどうぞ♪

「ゆがんだ城」を修正しました

そういうわけで、ゴールデンウィーク中は、せっせと作品をpixivに運んでいました。
そして、「今こそ、このお話の読みづらさを修正するとき!」と信じて、「ゆがんだ城」を全面的に見直しました。
他より長めのお話なので、ガシガシ直すのは一仕事でしたが、やっただけの甲斐あって、いくらか読みやすくなったのではないか、と思います。
と言いつつ、また時間をおいたのちに、さらにもう一度見直すべきなのだろうな、という気もしています。

「ゆがんだ城」は、既読の方はご存知のとおり、セレンとゼラルドの遭遇した怪異のお話です。旅の序盤、晩春のエピソードです。
未読の方がいらしたら、この機会にいかがでしょうか。
 このブログの中で読む場合は → こちら
 pixivでお読みになる場合は → こちら

楽しんでいただけたらいいな、と思いますclover

ゴールデンウィーク(2017)

ええと、なんだか、過去の作品を直す作業にハマッてきました。
ゼラルドの幼少時代のエピソード「海辺にて」も、少し読みやすくしました。
ちっちゃいゼラルドが見られるのは、今のところ「海辺にて」だけなので、未読の方は、よろしければどうぞ。
このブログの中で読む場合には → こちら
pixivで読む場合には → こちら です。

すみませんが、せっかく改訂のきっかけを掴めているので、ゴールデンウィークは、過去の作品をpixivに持って行く作業をメインとさせてください。
新作をほったらかしちゃうのですが、どうぞお許しくださいねsweat01

また何か直したら、お知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします!

お知らせ:通販はこんな感じ?(個人情報は非通知で)

目ざとい方は、もうお気づきかもしれません。
そう、左サイドバーに「通販サイトのご案内」があります。オープンしています…!

これで、
コメント欄を使ってメールアドレスを交換しなくても、
メールで配送先住所を書き送らなくても、
送料分の切手を買いに行かなくても、
切手を同封してお手紙を書かなくても、
ポチッと冊子を申し込むことができるようになりました。

冊子はすべて本体価格 100円に設定しています。(「竜王の館」は前後編セットで 100円。)
ただ、申し訳ないのですが、送料はスマートレターより高く、全国一律 310円の送料とさせていただいています。(複数冊買っても送料は増えず、310円のままです。)

それというのも、悩んだのですが、「あんしんBOOTHパック」という配送方法を選ぶことにしました。
これは、「注文者と発送者が、お互いに個人情報のやりとりをしないで済む」配送方法
やっぱり、ネットでお買い物するとき、個人情報って一番気になるところだよなあ、って。
配送先を入力しても、私には知らされないので、私が情報漏洩する心配がありません。そのほうが、皆さんも私自身も安心できるだろうと思いました。

もし、「住所も氏名も教えるから、スマートレターの 180円でお願い!」という方がいらしたら、その旨のコメントをください(匿名可)。
そうしたら、スマートレターでも買えるように、一時的に商品を増やすとか、なんとかしますwink

* * *

ほほう、どれどれ、と通販サイトを見に行ってみる人は → こちら へどうぞ。
あ、「火の鳥」の印刷は、もう少し先になります。縦書きにチャレンジするかもしれません。気長にお待ちください。

以後、通販サイトに新しい冊子を登録する際には、都度、ブログにお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご意見等ありましたら、お聞かせくださいねconfidentear

表紙が出来たよ!「火の鳥」

ふっふっふ。
イラストレーターの池田優さんに依頼していた「火の鳥」の表紙が、先週、出来上がりました。
画像を貼りますよ~。 じゃーん! なんという美しさ・・・!

Photo

お小遣いをこつこつ貯めて、発注してから1年待って、良かった・・・。報われた・・・。
皆様も、ご感想などありましたら、お聞かせいただけたら嬉しいです。ドキドキ・・・heart02

いつもの冊子は、印刷会社を変える予定なので、少しお時間かかります。しばしお待ちを。
また、久しぶりに電子書籍で「火の鳥」を読もうかな、という方がいらしたら → こちら へ♪

わーい、わーい、うれしいなhappy01shine

試し読み用 目次

ブログ連載小説って、読みづらいのですよね。
でも、試しに少し読んでみようかな、と思われた方に、できれば読みやすく読んでいただきたくて、この目次を作りました。

下に挙げる中から、気になるものをお読みいただけたらいいな、と思います。
雰囲気が少しずつ違いますので、できれば二つくらい、どうぞ。
お気に召したものがありましたら、ご感想をいただけたら嬉しいと思いますconfidentheart04

プロローグは、こちらのお話。(2回分をまとめました。)
clover 始まりの物語

王子と王女の、旅の1ページ。(2回分をまとめました。)
clover 風の贈りもの

主人公格の4人が揃っているときの旅の様子。(8回分をまとめました。)
clover 火の鳥

フィリシア姫がメインのお話なら、これとか。(3回分をまとめました。)
clover お姫様と猫

評判が良かったお話。フルートとセレンの少年時代。(6回分をまとめました。)
clover 跳ぶ

ゼラルドに興味があるかたは、このあたりも。(2回分をまとめました。)
clover 泥より出でしもの

準主人公の<光り姫>のことも、ご紹介を。(3回分をまとめました。)
clover 風に揺れる花の中で

こんな感じで一通り試し読みして、もしフィーリングに合うようでしたら、あらためてサイトの中を探索して、他のお話もお試しください。
本来の目次は、お話を発表順に並べてあるので、最初のほうなどは非常に拙くて、恥ずかしいのですけれども…。
お話の発表順と、お話の中の出来事の順番は、あまり関係がなくバラバラなので、気になるものから読んでいただければと思います。

通常版の目次は、こちらになります → 目次(1回刻みにリンク)
読む順番に困ったときなどは、コメント欄などでご相談いただければご案内いたしますので、お気軽にお声がけください。

ひとつでも、ふたつでも、お気に召す物語がありますように。

お知らせ:静岡文学マルシェのポストカードギャザリング

「静岡文学マルシェ」という、まだ出来立てほやほやの、創作文芸同人誌販売イベントがあります。販売対象は、一次創作=オリジナル創作のみ。
2016年6月に「第0回」が実施されて、次は2017年2月に「第1回」が開催されます。

「静岡文学マルシェ」には、「ポストカードギャザリング」という面白いコーナーがあります。
100円で綴じ具を買って(単語帳のリングみたいなの)、創作作品が書かれたポストカードを、あれこれ好きなだけ選んで綴じて持ち帰る、というコーナーです。
この「ポストカードギャザリング」、持ち帰る側も100円なので参加しやすいですが、ポストカードを出品するほうも、出品料がいらないので気軽に参加できます。
というわけで、ポストカードギャザリングの参加申し込みをしてみました!
既存作品からの抜粋を、ポストカードに仕立てて出品してみようと思います。
静岡の方のお手にとってもらえたらいいな。

それと。
ポストカードには、連絡先として、メールアドレスとかTwitterIDとか、記載することになっています。私も記載します。
けど、ブログで古くから見てくださっている読者の方々に、先に教えておかなかったら、なんだか不公平な気がして。
なので、サイドバーのプロフィール欄に、メールアドレスとTwitterIDを書いておくことにしました。お入用の方はご参照ください。

なお、どの作品をポストカードにするかは、まだ決めていません。
以上、お知らせでした~☆

こぼれ話:時系列順(ご参考)

本編を時系列順に並べたリスト(暫定版!)です。
ざっと並べてみましたが、ところどころ間違っている可能性もあります。

本編のみを並べたため、登場人物たちの過去のお話が混ざらないので、正式な目次としては採用しません。
過去のお話を混ぜながら読み進めていただきたいからです。

それでも、時系列順に並べたリストがないと不便なときもあると思い、頑張ってまとめました。
お入用なときにご活用いただければ幸いです。

***

プロローグ:
 始まりの物語

旅立つ前~旅立ち:
 第1話 ← まだ書いていません。当分先になります
 訪問者
 旅へ

春:
 小人のお茶会
 お姫様と猫
 野に休む
 憩いの時間
 化身の魔女
 人さらいと馬
 石の大蛇
 甘い、すっぱい
 赤い小鳥の姫君
 金の砂の塔
 見えない守り手
 ゆがんだ城
 竜王の館(前編)
 竜王の館(後編)
 夢のような

夏:
 誕生日の姫君
 大道芸人の賭け
 花園の夢
 勇者パックス
 命令の指輪
 雨やどり
 雨の日の窓辺で
 夜を越えて
 おかしな縁結び
 救出の報酬
 暗殺者
 火の鳥
 髪を編む
 朝の鈴
 花嫁候補
 夏の日の青い空
 空色のドレス

秋:
 クルミの行方
 風に揺れる花の中で
 星降る夜に
 邂逅
 泥より出でしもの
 さまよう人形
 黄昏色の旋律
 華飾の街
 夢の牢
 にじむ闇
 笑わない娘
 辻占い
 幻術の塔
 霧の中
 暖炉
 一角獣の角
 滝遊び

冬:
 数える…
 金と銀の翼
 真実の鏡 ← 解呪の話はここに位置する予定
 人魚の歌
 人魚の歌の次に来る話 ← 当分先になります

再びの春:
 あかずの扉
 聖なる森

配布開始♪「竜王の館(前後編)」「一角獣の角」

お待たせしました~。
冊子3種類、印刷から上がってきましたので、配布を開始します。

「竜王の館(前編)」「竜王の館(後編)」は、池田優さんに表紙を描いていただきました。
前編と後編を並べるとこんなふうに見える、すばらしい演出です。

Photo_5

「一角獣の角」は、彩音ちなさんに表紙を描いていただきました。
初めて裏表紙まで作ったので、広げるとこんなふうです。

Photo_3

3冊とも、とても素敵な冊子に仕上がりました。幸せ~heart

お取り寄せを希望される方は、いつものように、ご希望の冊子名とともに、送料180円分の切手をお送りください。(3冊でも送料変わらず180円で一度にお送りできます。)
初めてのお取り寄せのときは→ こちら(配布物在庫状況の記事) を参照してお申し込みくださいね。

夏バテしてるけど、ちょっと元気出た…!
次作はもう少しお待ちください。
どうぞよろしくお願いいたします♪

表紙ができたよ印刷するよ!「一角獣の角」

じゃーん!

今回は、彩音ちなさんにお願いして、表紙を描いていただきました。

実は、この表紙の絵、裏表紙まで続いています。
こういう絵です!

Photo

裏表紙まで描いてもらったのは初めてなので、印刷するのにワクワクします。
〆切はまだ先だったのですけれど、早く仕上げてくださって、このタイミングでのご案内となりました。
たぶん、竜王の館(前後編)と合わせて3冊送っても、送料は変わらないんじゃないかしら?
「印刷したよ」の続報をお待ちくださいね♪

よろしければ、絵のご感想をお寄せいただけたら嬉しいですconfident

より以前の記事一覧