2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとこと通信欄

  • (2017/10/15夜)ご心配おかけして申し訳ありません。疲れて色々おっくうになっていますが、ごはんと睡眠はちゃんとしていますので、ご安心ください。

ランキング参加中!

  • 記事がお気に召したらクリックしていただけると、作者の励みになります。(1日1回まで)

    (投票せずに順位を確認したい方はこちらから。)

読者アンケート実施中♪

  • 所要時間は5分くらい?
    個人情報の入力はありません。
    よろしくお願いいたします。
    こちらから。

SF「夜景都市」(未完)

最近のトラックバック

プロフィール

  • 城

    雪村月路
    snow.moon.rainbow☆gmail.com
    (☆を@に変えてください)
    Twitter: @ariadne_maze
    ブログ更新量について
    愛読書100冊

    うちの子同盟 うちの子同盟

無料ブログはココログ

カテゴリー「ひとやすみ」の106件の記事

ひとやすみ:おくすり手帳

創作活動を少しお休みしています。
暑いからなのか、なんなのか、お話の芽が育たない…。

* * *

ふだんからお薬のお世話になることが多いため、前からほしかった、「医療系雑貨生みたて卵屋」さんの「おくすり手帳」を購入しました。
贅沢品だと思って我慢していたけど、よく使うものなので、具合の悪いときも少しハッピーになれたらいいな、と思って。

写真が下手で申し訳ありませんが、下のような感じです。青いのは一緒に買ったミラーです。サイズ感をお伝えするため、文庫本を右に置いています。
お薬手帳を使っているご家族やお子さんに、プレゼントしても良いかもしれません。

Photo

「生みたて卵屋」さんの通販サイトは滅多に開いていませんが、「Tetugakuya」さんの通販サイトでも購入できるようです。

「生みたて卵屋」さんのホームページは → こちら
「Tetugakuya」さんのホームページは → こちら

物語を感じさせてくれるアイテムが色々あるので、商品ラインナップを見ているだけでも楽しいんですよ~lovely

予告:「お祝いのお菓子」 & ひとやすみ:京王線で謎解き

まず予告。
フルートの誕生日のお話を書きます。夏のお話なので、ちょうど季節にも合っています!
フィリシアの誕生日やゼラルドの誕生日のようなドラマは、残念ながら特にありません。
タイトルは「お祝いのお菓子」。あっさりした短いお話です。全2回かな。
あさって7/20にスタート予定です。ただ、最近、更新間隔が空いてしまっているので、1回目と2回目の間が空いてしまったらすみません。

***

そして、ひとやすみして、久しぶりに謎解きのお話。
7月5日から10月11日まで、東京都を走っている鉄道、「京王線」と「都営地下鉄」が連携し、「金田一少年の事件簿R」という謎解きを実施しています。公式ホームページは→ こちら
参加費は無料ですが、謎解きのためにあちこちの駅に行くので、運賃がかかります。
いくつかの謎が用意されていて、パンフレットとWebに掲載されているコミックを読みながら、順番に謎を解き進めて行く方式です。
最初のほうだけ、ちょこっとやりました。簡単でした、が、たぶん、だんだん難しくなるのでしょう。
一度にまとめて遊ぶと一日かかるのかもしれません。私は今回は、分割して、ちょこちょこ遊ぶつもりです。

今回のおやつは、こちらでした。苺のかき氷!

Photo

***

それでは、次回、久しぶりの冒険譚(というか冒険していないお話ですが)「お祝いのお菓子」でお会いしましょう~。

ひとやすみ:マストドンとかピクシブとか

少し間が空いてしまいました。
土日休めるようになったので、新しいお話を考えようと思っていたのですが、ちょっと脇にそれて、創作活動の方法について、しばらく考えていました。

それというのも、ツイッターに似て非なる、「マストドン」という新しいユーザコミュニティ系サービスを試したら、小説書きの人たちとお話ができて、興味深い体験ができて…、
大手投稿サイト「ピクシブ」に、いままで私は小説を載せないで来たのだけれど、載せてみようかと迷う気持ちになったり…、
目次の整備を急ぐ気持ちになったり、過去作品の修正を進める気持ちになったり…、
手間をかけずにブログ連載小説の読みやすさを向上するために、どうしたらいいかなあ、とか…、
そういうようなことを、あれこれ考えていました。
まだちゃんと整理しきれていないのですが、近いうちに色々、やってみるかもしれません。

次のお話は、フルート(ルーク)のお話か、ゼラルドのお話にしたいのですが、まだまだ未定です。
もしかしたら、ゴールデンウィークも、お話の連載より、活動環境まわりを整備させていただくかもしれません。

・・・近況報告でした!

ひとやすみ:ミステリー・ザ・サード2017「一二三発見伝」で銀バッジ♪

ひとくちに「謎解きイベント」と言っても、「パズル・なぞなぞ系」と、「推理系」があります。
毎年1回ある「ミステリー・ザ・サード」は、事件の謎を解く「推理系」。観客参加型の推理劇です。
イーピン企画という、推理系イベントの老舗が手掛けています。

今年の「ミステリー・ザ・サード」のイベント名は「一二三発見伝(ひふみはっけんでん)」。
謎の人物「ひふみ様」と、謎の祭事「ひふみ祭り」について調査していると、事件が起こり、その犯人を推理する、という内容。
事件発生までの劇を見て(グループに分かれて情報収集に出かけたりもします)、
そのあと、軽食を食べたり推理をまとめたりするフリータイムが一時間くらいあって、
回答用紙の回収後、解決編の劇を見て、
模範解答を聞いて、成績優秀者の表彰をして、
役者さんたちの挨拶で〆。

この流れは、毎回だいたい同じです。
開始から終了まで、今回は約4時間でした。

目の前で事件が起こるので、よく見て、よく聞いて、手がかりをもとに犯人を推理します。
犯人は誰で、どのようにして犯行をおこなったのか、自分の考えを書いて提出。
今回、細かいところまで解けなくて、回答用紙にあまりたくさん書けなかったのですが、
友達と一緒に5位に入賞、びっくりでした。(その回のお客さんは約40人でした。)
記念品の「銀バッジ」(銀賞のバッジという意味)をいただきましたshine

テレビの推理ドラマで犯人当てを楽しんでいる人などに、ぜひおすすめしたいイベントです。
注意点としては、その年のイベントによっては、坂道をのぼったり、座布団の上に座ったりすることがあるので、足腰に不安のある方は、申し込む前に問い合わせしておくのがいいと思います。
今回のチケット代は、お弁当つき1万1千円でした。だいたい毎年、このくらいの値段かな。
勇気のいる金額ではありますが、他ではできない推理体験ができるので、やりくりして毎年参加しています。
推理好きな仲間同士、複数人で行くと、意見を交換して推理をまとめやすくなって、とても楽しいですよ。

以上、2017年のミステリー・ザ・サード「一二三発見伝」のレポートでした♪
…来週末は土日とも出勤ですbearing

ひとやすみ:箱根で謎解きしたよ(2017年2月)

この前(2月)、友達と箱根で一泊二日、謎解き三昧してきました。
これから行って間に合うイベントもあるので、ご紹介します。
3つ行って、どれも面白かったです。

1.仙石原プリンスホテル「本と歩く謎解きの夜」

3月16日まで開催中のイベントです。ボリュームのある謎解きが楽しめます。
ホームページは → こちら です。
14時以降の好きな時間にスタートし、渡された本を読んで謎を解きながら館内を探索し、回答〆切は22時です。

ホームページの記述によれば、所要時間は「約4~8時間」とのことだったので、ゆっくり遊びたかった私たちは、宿泊予約して行って、14時に捜査スタートしました。
クリアできたのが21時10分頃だったことを思うと、この計画で正解でした。(途中で夕食休憩を1時間取っています。ビュッフェスタイルの夕食で、とても美味しかったrestaurant
ホテルの人に聞いたところによると、謎解き上級者なら日帰りでも解けるとのことですが、解けずに帰る人もいるとのこと。私たちの行った日は、「参加した方の半分くらいが正解」したそうです。

渡される本は結構しっかりした作りで、解くべき謎もいろいろ工夫が凝らされていて、楽しかったです。
最初のほうは簡単で、だんだん難しくなるので、油断しないこと。
謎解き中級者~上級者向けだと思います。でも、どうしても解けない人は、ヒントをくれるスタッフに相談することもできる模様。
何はともあれ、早い時間にスタートすることをお勧めしておきますbookshine

2.星の王子さまミュージアム「星の王子さまと不思議な贈り物」

この謎解きは、好評につき、現在は常設となっているようです。箱根二日目に行きました。
ホームページは → こちら です。
2時間弱くらい?で解きました。上級者なら1時間で解けそうです。
スマートで美しい謎解きでした。解き終わったあと、ほんのり心があたたまりますheart

3.彫刻の森美術館「彫刻の森の魔女」

もともとは昨年12月までだったものが、好評につき3月末まで延長されています。
ここも二日目に行きました。ホームページは → こちら です。
今回、箱根で3つの謎解きに参加した中で、いちばん「いろんな人におすすめしたい」と思った謎解きでした。
謎を解きながら自然に展示物を見られる構成になっているところが、すごくいいですflair
ファンタジーっぽい世界観も楽しい。難易度は中級くらい、所要時間は2時間くらいかな?
解決の報告は1回しかできないので、手抜きしてないか、よく確認してから報告してくださいね。

* * *

以上、箱根謎解きレポートでした!
どなたかのご参考になるといいな♪

ひとやすみ:「ブッククロッシング」って知ってる?

創作パワーが湧いて来ない…。
最近、本や漫画を読む時間をちゃんと作れていないから、水や栄養が足りなくて、物語が育たないのかも。
新作は、もう少しお待ちください。

***

今日は「ブッククロッシング」のお話をします。
日本ではあまり知られていないようで、私も最近知ったのですが、ざっくり説明してみると、
「持っている本を公式サイトに登録してIDをもらい、そのIDをラベルに書いて、本に貼る。
→ その本を、わざとどこかに置き忘れるなどして、誰かに手に取ってもらう。
→ 本を見つけた人は、自由に読んで、読み終わったら、また次の誰かに渡す。
(ラベルに書かれたIDを公式サイトに入力すれば、感想を書き込んだり、今までに書き込まれた感想を見たりすることができる。)」

という仕組みになっています。

自分の持っている本を、知らない人の手に渡るようにするのは、なるほど面白そうですが、本を手放す決意が要るし、ちょっと敷居が高いかも。
でも、本を手放すまでしなくても、「よく人に貸す本」を登録してラベルを貼っておくだけでも、気の向いた人に感想を書いてもらえたら面白いのではないか、と思いました。
ちょこちょこと、人に貸す本にラベルを貼ってみようと思います。
読む人の重荷にならないように、感想の登録は任意である旨、説明を書いておこう。

ブッククロッシングの公式サイトは → こちら (日本語も選択できます)。
小説でも漫画でも、ISBN番号のついている本なら、何でも登録できます。
逆に、同人誌等は登録できません。
興味のある方は、公式サイトで説明を見てみてくださいね☆

今年もよろしくお願いします♪

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

今年は、仕事が忙しいのを何とかしたいです。
健康第一、頑張りすぎないように気を付けます。

旅の始まりのお話を、落ち着いて、ちゃんとまとめたい。
あと、印刷した冊子の在庫管理とお渡しを、通販方式に変えてみようと思っています。
ちまちま亀の歩みになりますが、長い目で見守っていただけたら幸いです。

いつも、ご感想や励ましのお言葉をどうもありがとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします!

トーナメント結果:「三本角の怪物」 & 気になるイベント

10日ばかり、更新間隔が空いてしまいました。
仕事で忙しくしていたら、風邪をひいてダウンしました…。
熱やら咳やらがひどく、病院に行ってインフルエンザの検査をしたところ、お医者さんが、
「インフルエンザの反応がね、出ないんですよね…」
と、不思議そうな顔をして言ったくらいに、症状の似た風邪ですcoldsweats01
ようやく起き上がって、記事を書けるくらいに回復しました。

***

「三本角の怪物」は、トーナメントで準優勝をいただきました。ありがとうございます。
ただ、最近の自作小説トーナメントは、出品するひとも、読んでくれるひとも、数が少なくて、盛り上がりに欠けています。
せっかくのイベントを盛り立てて行くには、どうしたらいいのかなあ。

***

遊びに行きたい、気になるイベントは、謎解き関係で、こんなの見つけています。

1.ホテル体験型謎解きイベント
  「本と歩く謎解きの夜」推理作家センゴクからの挑戦状

 箱根仙石原プリンスホテルで、「奇妙な本」を片手に謎解きをする、という内容。
 開催期間は、2017年1月10日~3月16日(途中、除外日あり)。
 宿泊プランと日帰りプランを選択できます。謎解き時間は4時間~8時間くらいとのこと。
 ゆったり贅沢に、宿泊プランで、ディナーも食べて、謎解きしたいなあ。
 公式サイトは→ こちら

2.星の王子さまミュージアム「星の王子さまと不思議な贈り物」

 仙石原エリアの、星の王子様ミュージアムで、謎解きキットを使って楽しむイベント。
 現在、常設イベントで、参加料1000円(入館料は別途)。
 大人が1時間で解けるくらいの問題とのことなので、気軽に参加できますね。
 前述の仙石原プリンスホテルに行くなら、宿泊して美術館めぐりしつつ、これも参加したい。
 公式サイトは→こちら

3.ミステリー・ザ・サード2017「一二三発見伝(ひふみはっけんでん)」

 「今ここで起こった事件に巻き込まれる」がテーマの人気イベント「ミステリー・ザ・サード」。
 目の前で起こる事件。残されている遺留品。観察力や記憶を頼りに、犯人を特定します。
 2017年の東京公演は、代々木上原で、2017年3月の週末に開催予定。
 大掛かりなお芝居なので、参加費用は11,000円。でも毎回楽しいから、ぜひ行きたい。
 公式サイトは→ こちら

***

「遥かな国の冒険譚」の新作は、年内は無理かもしれません…。
まだ諦めてないけど…。

以上、ご報告・ご案内でした。

ひとやすみ:第10回東京蚤の市

全国各地のお店が集結する「東京蚤の市」に、初めて行って来ました。
(ちなみに来月は「関西蚤の市」があるよ。先月は「東海蚤の市」もあったみたい。)

会場が広くて、たくさんお店が出ていて、いろんなものが売られていて、お客さんも賑わっていて、面白かったです。
品物の写真をどれくらい撮っていいのかよくわからなくて、撮って来なかったのだけれど…、
鳥の形をした笛とか、
アンティークのシルバーチャームとか、
小さなお皿とか、
古びたトランクとか、
昭和を感じさせる道具とか、
古書や古着もいっぱい。
見ているだけでも楽しかったです。
一緒に行った友達は、カゴを買っていました。

休憩のときに「北欧市」コーナーで買ったメープルワッフルとコーヒーも、風味が良くて美味しかったよ。

Photo

「東京蚤の市」は2日間の開催で、今日(2016/11/20)もやっています。
最寄駅は「京王多摩川」、改札は「臨時口」。入場料は500円。
公式ホームページには、出店しているお店の情報もあります → こちら
ご興味ある方は、ぶらぶら散歩のつもりで、でも念のためお財布にお金を入れて、お出かけくださいhappy01

ひとやすみ:地下謎への招待状2016!

ちょっと前の休日に、友達と、「地下謎への招待状2016」を遊びに行ってきました。
東京メトロ24時間乗り放題券がセットされた謎解きキットを買って、いざ出発!
最後まで解いて、夕方、無事に正解に辿り着きました。
難易度的には、全体に、去年より少ーし簡単になったかも?

でも、どの謎も洗練されていて、解いて楽しい謎ばかりでした。面白かったnote
友達と私は、途中、謎解きから脱線して、「マリー・アントワネット展」を見たり、のんびりお昼を食べたりしたので、それらの時間を差し引くと、所要時間は5時間くらいだったかな。

謎の難易度と楽しさから考えて、謎解き初級者~中級者に、強くおすすめしたいです。
上級者用の謎解きイベントと違って、時間に追われまくることもないし、知らない人と組む必要もないし。
仲良しと一緒に参加して、助け合いながら、ひらめきの楽しさを存分に味わっていただきたいです!happy01flair

より以前の記事一覧